八大竜王

はちだいりゅうおう

地域・カテゴリ

説明

仏教において釈迦の法華経説法の座に列したとされる八種の龍王。「八大竜神(はちだいりゅうじん)」、「八龍王(はちりゅうおう)」とも呼ばれる。各竜王の名前には相違が見られるが、一般的には法華経序品に見られる八大竜王を言う(下表)。法華経の守護神であり、水を支配する存在とされるので祈雨の本尊として信仰される。

この項目に関する表

《法華経序品に見られる八大竜王
漢名 梵名

01: 難陀竜王

ナンダ

02: 跋難陀竜王

ウパナンダ

03: 娑伽羅竜王

サーガラ

04: 和修吉竜王

ヴァースキ

05: 徳叉迦龍王

タクシャカ

06: 阿那婆達多竜王

アナヴァタプタ

07: 摩那斯竜王

マナスヴィン

08: 優鉢羅竜王

ウトパラカ

関連項目

キーワード

参考文献

  • 34Books Esoterica エソテリカ事典シリーズ
    仏尊の事典 壮大なる仏教宇宙の仏たち
    • 編集:増田秀光
    • 発行者:中村雅夫
    • 発行所:株式会社学習研究社
  • 46仏尊のご利益・功徳事典
    • 著者:大森義成
    • 発行者:大沢広彰
    • 発行所:株式会社学習研究社
  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

八大竜王

ソーシャルリンク