エスツァナットレーヒ

Estsanatlehi

地域・カテゴリ

説明

北アメリカ大陸の南西地方に住むネイティブアメリカン、ナヴァホ族に伝わる女性(神)。地上における四季の変化に応じて年老いたり若くなったりすることから「変わる女(チェンジングウーマン)」とも呼ばれる。世界(もしくは闇)から生まれた"最初の男"「アルツェ・ヘイスティン(Altsé Hastiin)」と"最初の女"「アルツェ・アズザア(Altsé Asdzáá)」が雨雲がかかった山頂で見つけた。二人が花粉と露を与えるとエスツァナットレーヒはみるみる成長した。思春期を過ぎたころ、彼女は太陽と水に裸身を晒し、双子の戦いの神、ナイェネズガニトバディシュティニを宿した。二人が祖母であるナ・アシュ・ジェイ・アスダァアと父親である太陽の助力で怪物たちを退治し世界を救ったあと、彼女は西に浮かぶ島に移り住んだという。また、東西南北のそれぞれで踊ることで、東に雨雲、西に植物とトウモロコシ、南に織物と宝石、北に動物を創造したとされる。

キーワード

参考文献

  • 01西洋神名辞典 DICTIONARY OF GODDESSES AND GODS
    • 監修:山北篤
    • 著者:稲葉義明、桂令夫、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 31アメリカ・インディアン神話 (原題:NORTH AMERICAN INDIAN MYTHOLOGY)
    • 著者:コティー・バーランド(Cottie Burland)
    • 編集:マリアン・ウッド
    • 翻訳:松田幸雄
    • 発行者:清水一人
    • 発行所:青土社

この項目のリッチレイアウト

エスツァナットレーヒ

ソーシャルリンク