バール・エシュモン

Ba'al Eshmun

地域・カテゴリ

説明

カルタゴ(アフリカ北部)における最高神で天空の主。海洋貿易国家であったカルタゴにとって天候は最も重要な問題であり、したがって太陽を司るバール・エシュモンは最高神とされた。ポエニ人の神は、フェニキア人にとって一人の神格を表す言葉だったバールが、多数の神格に分かれて生成されたものである。つまりポエニ人のいう「バール」は、「神」とか「主」という一般名詞を指し、カルタゴが繁栄していた時代、神々は「バール・~」というように呼ばれた。その中で最高神であったのがバール・エシュモンで、後期になって重要視されるようになったタニト女神も、「バールに面するタニト」と呼ばれた。また人身御供を要求するカルタゴの神々の中では珍しく、あまり人身御供を捧げられることはなかったとされている。

参考文献

  • 01西洋神名辞典 DICTIONARY OF GODDESSES AND GODS
    • 監修:山北篤
    • 著者:稲葉義明、桂令夫、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

バール・エシュモン

ソーシャルリンク