天之児屋命

あめのこやねのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話における祝詞の祖神。同訓で「天兒屋命」、「天之子八根命」、「天児屋根命」などとも綴る。ただし「あめのこやのみこと」と読むとする説もある。興台産霊神(こごとむすびのかみ)の子で、天照大御神を天岩屋戸(あまのいわやど)から連れ出すために尽力した神の一人。初めて占いを行い、祝詞を奉じた神であり、祝詞、ひいては言霊を司る神とされる。天孫邇邇藝命の降臨に随伴した五伴緒神の一人でもある。

神(こごとむすびのかみ)」の子で、天照大御神を天岩屋戸(あまのいわやど)から連れ出すために尽力した神の一人。初めて占いを行い、祝詞を奉じた神であり、祝詞、ひいては言霊を司る神とされ、中臣連の祖神であるとされる。天孫邇邇藝命の降臨に際して随伴した五伴緒神の一人でもある。

関連項目

参考文献

  • 15Books Esoterica エソテリカ事典シリーズ
    日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々
    • 編集:増田秀光
    • 発行者:中村雅夫
    • 発行所:株式会社学習研究社
  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社
  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社
  • 22日本書紀(一)〔全5冊〕
    • 発行者:山口昭男
    • 発行所:株式会社岩波書店

この項目のリッチレイアウト

天之児屋命

ソーシャルリンク