アイヌラック

地域・カテゴリ

説明

アイヌ民族における英雄的なカムイオキクと同一視される。名前である「アイヌラック」は「アイヌ(人間)みたいな人」といった意味があり、神(カムイ)であるにも関わらず地上でアイヌと共に暮らしたことから付けられた名前だとされる。「アイヌモシ(人間界)」に顕現するときは人間と同じ姿になる。

コタンカカムイが国造りのために地上に降りてきた時、同行したシマフクロウのカムイであるコタンコカムイの止まり木としてハルニレのカムイであるチキサニカムイが誕生した。天上界にいた雷のカムイであるカンナカムイがこのチキサニカムイに一目惚れをしてそば近づいたが、ハルニレ(チキサニカムイ)に雷(カンナカムイ)が落ちた結果、チキサニカムイは火に包まれてしまった。この炎の中からアイヌラックが生まれた。

関連項目

参考文献

  • 02東洋神名辞典 DICTIONARY OF DETIES AND DEVINES
    • 監修:山北篤
    • 著者:桂令夫、草野巧、久保田悠羅、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

アイヌラック

ソーシャルリンク