日本書紀全神名表(登場順)

日本書紀 巻第一 神代
全神名表(登場順)

第一段 古天地未剖(いにしえに あめつち いまだわかれず)
本書 001
國常立尊󠄁
くにのとこたちのみこと
意味
国の地盤(トコ)がしっかり安定した(タチ)ことを示す神名。
系譜
016:天鏡尊󠄁の親(2-2)
別称
國底立尊󠄁
くにのそこたちのみこと
(1-1)
002
國狹槌尊󠄁
くにのさつちのみこと
意味
サツチは神稲を植える大切な土の意。
別称
國狹立尊󠄁
くにのさたちのみこと
(1-1)
003
豐斟渟尊󠄁
とよくむぬのみこと
意味
豐は豊かな様、斟は酒などを注ぐこと、渟は沼の意。
別称
豐國主尊󠄁
とよくにぬしのみこと
豐組野尊󠄁
とよくむののみこと
豐香節尊󠄁
とよかぶののみこと
浮經野豐買尊󠄁
うかぶのとよかうのみこと
豐國野尊󠄁
とよくにののみこと
豐齧野尊󠄁
とよかぶののみこと
葉木國野尊󠄁
はこくにののみこと
見野尊󠄁
みののみこと
(1-1)
一書一
國底立尊󠄁
くにのそこたちのみこと
出自
001:國常立尊󠄁の別称
國狹立尊󠄁
くにのさたちのみこと
出自
002:國狹槌尊󠄁の別称
豐國主尊󠄁
とよくにぬしのみこと
出自
003:豐斟渟尊󠄁の別称
豐組野尊󠄁
とよくむののみこと
出自
003:豐斟渟尊󠄁の別称
豐香尊󠄁
とよかぶののみこと
出自
003:豐斟渟尊󠄁の別称
浮經野豐買尊󠄁
うかぶのとよかふのみこと
出自
003:豐斟渟尊󠄁の別称
豐國野尊󠄁
とよくにののみこと
出自
003:豐斟渟尊󠄁の別称
豐齧野尊󠄁
とよかぶののみこと
出自
003:豐斟渟尊󠄁の別称
葉木國野尊󠄁
はこくにののみこと
出自
003:豐斟渟尊󠄁の別称
見野尊󠄁
みののみこと
出自
003:豐斟渟尊󠄁の別称
一書二 004
可美葦牙彥舅尊󠄁
うましあしかびひこぢのみこと
意味
ウマシは美称、アシカビは葦の芽の意。ヒコジは普通夫、男を指す語であるが、この場合はコヒジ(泥の古語)の転訛か。
一書四 005
天御中主尊󠄁
あめのみなかぬしのみこと
意味
天の中央にいる主たる神の意。
006
髙皇產靈尊󠄁
たかみむすひのみこと
意味
ムスヒは生す霊であり、萬物を生み出す霊威。
系譜
094:思兼󠄁神の親(7-1)
115:少彥名命の親(8-6)
139:三穗津姫の親(9-2)
120:𣑥幡千千姫の親(9-6)
別称
髙皇產靈
たかみむすひ
(7-1)
007
神皇產靈尊󠄁
かみむすひのみこと
意味
ムスヒは生す霊であり、萬物を生み出す霊威。
系譜
120:𣑥幡千千姫の親(9-7)
第二段 次有神(つぎにかみます)
本書 008
埿土煑尊󠄁
うひぢにのみこと
意味
ウは不詳。ヒヂ、二は共に泥の意
別称
埿土根尊󠄁
うひぢねのみこと
(2-0)
009
沙土煑尊󠄁
すひぢにのみこと
意味
スは不詳。ヒヂ、二は共に泥の意
別称
沙土根尊󠄁
すひぢねのみこと
(2-0)
010
大戶之道尊󠄁
おほとのぢのみこと
意味
大きな戸の男性の神の意。
011:大苫邊尊󠄁と対
別称
大戶之邊
おほとのべ
大戶摩󠄁彥尊󠄁
おほとまひこのみこと
大富道尊󠄁
おほとまぢのみこと
(2-0)
大戶之邊
おほとのべ
出自
010:大戶之道尊󠄁の別称
011
大苫邊尊󠄁
おほとまべのみこと
意味
大きな戸の女性の神の意。
010:大戶之道尊󠄁と対
別称
大戶摩󠄁姫尊󠄁
おほとまひめのみこと
大富邊尊󠄁
おほとまべのみこと
(2-0)
大戶摩󠄁彥尊󠄁
おほとまひこのみこと
出自
010:大戶之道尊󠄁の別称
大戶摩󠄁姫尊󠄁
おほとまひめのみこと
出自
011:大苫邊尊󠄁の別称
大富道尊󠄁
おほとまぢのみこと
出自
010:大戶之道尊󠄁の別称
大富邊尊󠄁
おほとまべのみこと
出自
011:大苫邊尊󠄁の別称
012
面足尊󠄁
おもだるのみこと
意味
オモダルは容貌が整って美しいことを指す。
男神(014:伊弉諾尊󠄁)が女神(015:伊弉冉尊󠄁)に対してかけた言葉を神格化したもの。従って013:惶根尊󠄁と対
013
惶根尊󠄁
かしこねのみこと
意味
カシコは「かしこまる」の語幹で畏れ多いこと。
女神(015:伊弉冉尊󠄁)が男神(014:伊弉諾尊󠄁)に対してかけた言葉を神格化したもの。従って012:面足尊󠄁と対。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の親(2-1)
別称
吾屋惶根尊󠄁
あやかしこねみこと
忌橿城尊󠄁
いむかしきのみこと
靑橿城根尊󠄁
あおかしきねのみこと
吾屋橿城尊󠄁
あやかしきのみこと
(2-0)
吾屋惶根尊󠄁
あやかしこねみこと
出自
013:惶根尊󠄁の別称
忌橿城尊󠄁
いむかしきのみこと
出自
013:惶根尊󠄁の別称
靑橿城根尊󠄁
あおかしきねのみこと
出自
013:惶根尊󠄁の別称
吾屋橿城尊󠄁
あやかしきのみこと
出自
013:惶根尊󠄁の別称
014
伊弉諾尊󠄁
いざなぎのみこと
意味
イザは「誘う」の意、ナは助詞、キは男性を示す接尾語。天父神。
系譜
013:惶根尊󠄁の子(2-1)
018:沫蕩尊󠄁の子(2-2)
015:伊弉冉尊󠄁とともに021:蛭兒の親(6-1,他)
015:伊弉冉尊󠄁とともに022:句句廼馳・023:草野姫・024:大孁貴・025:月弓尊󠄁・026:素戔鳴尊󠄁の親(5-0)
015:伊弉冉尊󠄁とともに027:軻遇突智・028:埴山姫・029:罔象女の親(5-2)
015:伊弉冉尊󠄁とともに032:級長戶邊命・033:倉稲魂命・034:少童命・035:山祗・036:速秋津日命・022:句句廼馳・037:埴安神・027:軻遇突智の親(5-6)
投げ捨てた杖(みつゑ)から051:岐神を、帯(みおび)から052:長道磐神を、衣(みそ)から053:煩神を、褌(はかま)から054:開囓神を、履(くつ)から055:道敷神を成す(5-6)
中瀬(なかつせ)で身を洗った時に057:八十枉津日神・058:神直日神・059:大直日神を、海底(うみのそこ)で身を洗った時に060:底津少童命・061:底筒男命を、潮中(しおのなか)で身を洗った時に062:中津少童命・063:中筒男命を、潮上(しおのうへ)で身を洗った時に064:表津少童命・065:表筒男命を成す(5-6)
左の眼を洗った時に024:大貴孁、右の眼を洗った時に025:月弓尊󠄁、鼻を洗った時に026:素戔鳴尊󠄁を成す(5-6)
唾より080:速玉之男・081:泉津事解之男を成す(5-10)
体を濯いだ時に磐土命(065:表筒男命)・059:大直日神、底土命(061:底筒男命)・083:大綾津日神、赤土命(063:中筒男命)、大地海原諸神(おほつちうなばらのもろもろのかみたち)を成す(5-10)
天明玉(093:羽明玉)の親(7-3)
131:事勝國勝長狹の親(9-4)
015
伊弉冉尊󠄁
いざなみのみこと
意味
イザイザは「誘う」の意、ナは助詞、ミは女性を表す。地母神。
系譜
013:惶根尊󠄁の子(2-1)
018:沫蕩尊󠄁の子(2-2)
014:伊弉諾尊󠄁とともに021:蛭兒の親(6-1,他)
014:伊弉諾尊󠄁とともに022:句句廼馳・023:草野姫・024:大孁貴・025:月弓尊󠄁・026:素戔鳴尊󠄁の親(5-0)
014:伊弉諾尊󠄁とともに027:軻遇突智・028:埴山姫・029:罔象女の親(5-2)
014:伊弉諾尊󠄁とともに032:級長戶邊命・033:倉稲魂命・034:少童命・035:山祗・036:速秋津日命・022:句句廼馳・037:埴安神・027:軻遇突智の親(5-6)
吐(たぐり)より031:金山彥を、小便(ゆまり)より029:罔象女を、大便(くそ)より028:埴山姫を成す(5-4)
別称
吾屋惶根尊󠄁
あやかしこねみこと
忌橿城尊󠄁
いむかしきのみこと
靑橿城根尊󠄁
あおかしきねのみこと
吾屋橿城尊󠄁
あやかしきのみこと
(2-0)
一書二 016
天鏡尊󠄁
あまのかがみのみこと
意味
名義不詳。宋史日本伝にも名前が見える。
系譜
001:國常立尊󠄁の子(2-2)
017:天萬尊󠄁の親(2-2)
017
天萬尊󠄁
あめよろずのみこと
意味
「天の万物の神」の意か。宋史日本伝にも名前が見える。
系譜
016:天鏡尊󠄁の子(2-2)
018:沫蕩尊󠄁の親(2-2)
018
沫蕩尊󠄁
あわなぎのみこと
意味
アワは泡、ナは助詞、ギは男性を示す接尾語。泡から生じた神。
系譜
017:天萬尊󠄁の子(2-2)
014:伊弉諾尊󠄁の親(2-2)
第三段 凡八神矣(すべてやはしらのかみます)
本書 019
角樴尊󠄁
つのくひのみこと
意味
ツノは芽生えるものの意。樴は杙に同じ。土止めの杭の意か。
男神で020:活樴尊󠄁と対
020
活樴尊󠄁
いくくひのみこと
意味
イクは生命力あるものの意。樴は杙に同じ。土止めの杭の意か。
女神で019:角樴尊󠄁と対
第四章 伊弉諾尊󠄁 伊弉冉尊󠄁 立於天浮橋之上(いざなきのみこと いざなみのみこと、あまのうきはしのうえにたたして)
一書一 021
蛭兒
ひるこ
意味
ヒルは不具を意味する。手足の萎えた、或いは手足のない子の意か。
024:大孁貴のヒルメを「日の女(ヒノメ)」と考えるならば、それに対する男性「日の子」の意か。
第五段 次生海(つぎにうなばらをうむ)
本書 022
句句廼馳
くくのち
意味
木を司る神。ククは木々の意、ノは助詞、チは霊威、精。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-05-6)
023
草野姫
かやのひめ
意味
草や野を司る神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-0)
別称
野槌
のつち
(5-0)
野槌
のつち
意味
「野の霊」の意。
出自
023:草野姫の別称。
024
大日孁貴
おほひるめのむち
意味
大は美称、ヒルメは「日の妻(メ)」、日に仕える巫女の意か。ムチは貴い人の意。皇祖神であり太陽神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-0)
026:素戔鳴尊󠄁が大日孁貴の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を噛み砕き吹いた霧から088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁・089:天穗日命・090:天津彥根命・091:活津彥根命・092:熊野櫲樟日命が成る(6-0)
自らの十握剣(とつかのつるぎ)を食べて087:市杵嶋姫を、九握剣(ここのつかのつるぎ)を食べて086:湍津姫を、八握剣(やつかのつるぎ)を食べて085:田心姫を成す(6-16-3)
026:素戔鳴尊󠄁の八坂瓊之曲玉(やさかにのまがたま)を噛み砕き、瓊端(たまのはし)を噛み砕き吹いた息吹から087:市杵嶋姫を、瓊中(たまのなか)を噛み砕き吹いた息吹から085:田心姫を、瓊尾(たまのお)を噛み砕き吹いた息吹から086:湍津姫を成す(6-2)
別称
天照大神
あまてらすおほみかみ
天照大日孁尊󠄁
あまてらすおほひるめのみこと
(5-0)
天照大神
あまてらすおほみかみ
意味
天上から照らす大いなる神の意。
出自
024:大日孁貴の別称。
天照大日孁尊󠄁
あまてらすおほひるめのみこと
出自
024:大日孁貴の別称。
025
月弓尊󠄁
つくゆみのみこと
意味
月を司る神。ユミは読み(ヨミ)から転化した発音だと考えられ、この場合のヨミは数を数える事。月齢を象徴する神名。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-0)
別称
月夜見尊󠄁
つくよみのみこと
月讀尊󠄁
つくよみのみこと
(5-0)
月夜見尊󠄁
つくよみのみこと
出自
025:月弓尊󠄁の別称。
月讀尊󠄁
つくよみのみこと
出自
025:月弓尊󠄁の別称。
026
素戔鳴尊󠄁
すさのをのみこと
意味
スサは「すさまじい」の語幹で手のつけられない様、或いは出雲風土記にも見える地名「須佐」か。荒ぶる男の神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-0)
024:大日孁貴が素戔鳴尊󠄁の十握剣(とつかのつるぎ)を噛み砕き吹いた霧から085:田心姫・086:湍津姫・087:市杵嶋姫姫が成る(6-0)
自らの八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を食べて088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁・090:天津彥根命・091:活津彥根命・089:天穗日命・092:熊野櫲樟日命を成す(6-1)
天に昇ろうとした時に093:羽明玉を成す(6-2)
自らの左の髻(もとどり)の五百箇御統(いほつのみすまる)を含み左の手に吐いて088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁を、右の髻の五百箇御統を含み右手に吐いて089:天穗日命を、頚(みくび)の五百箇御統を含み、左の臂(ただむき)に吐いて090:天津彥根命を、右の臂(ただむき)に吐いて091:活津彥根命を、左足に吐いて41:熯速日神を、右足に吐いて092:熊野櫲樟日命を成す(6-3)
自らの左の髻(もとどり)の五百箇御統之瓊(いほつのみすまるのたま)の端を噛んで左の掌(たなごころ)に置いて89 正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁を、右の瓊を噛んで右の掌に置いて089:天穗日命・090:天津彥根命・091:活津彥根命・041:熯速日神・092:熊野櫲樟日命を成す(7-3)
107:奇稻田姫の夫(8-0)
107:奇稻田姫とともに109:大己貴神の親(8-0)
107:奇稻田姫とともに110:淸之湯山主三名狹漏彥八嶋篠の親(8-1)
107:奇稻田姫とともに109:大己貴神の六世の親(8-2)
111:五十猛神の親(8-4)
112:天之葺根神の五世の親(8-4)
111:五十猛神・113:大屋津姫命・114:柧津姫命の親(8-5)
別称
神素戔鳴尊󠄁
かむすさのをのみこと
速素戔鳴尊󠄁
はやすさのをのみこと
(5-0)
武素戔鳴尊󠄁
たけすさのをのみこと
(8-0)
神素戔鳴尊󠄁
かむすさのをのみこと
出自
026:素戔鳴尊󠄁の別称。
速素戔鳴尊󠄁
はやすさのをのみこと
出自
026:素戔鳴尊󠄁の別称。
一書二 027
軻遇突智
かぐつち
意味
カグは陽炎(かげろう)のカゲ、篝火(かがりび)のカガ、赫(かがよ)うのカガなどの語根で光輝を示す。ツは助詞、チは霊威、権威あるものの意。火を司る神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-25-6)
028:埴山姫の夫で030:稚產靈の親(5-2)
014:伊弉諾尊󠄁に斬られた時に剣の鐔(つみは=鍔)から滴った血より040:甕速日神、熯速日神が成る、或いはこれに次いで42 武甕槌神も成る。また剣の鋒(さき=剣先)から滴った血より043:磐裂神・044:根裂神・045:磐筒男命が成る、或いは045:磐筒男命・046:磐筒女命が成る。また剣の頭(たかみ=柄)からした経った血より047:闇龗・048:闇山祗・049:闇罔象が成る(5-6)
027:軻遇突智が014:伊弉諾尊󠄁に剣で三段(みきだ)に斬られたうちの一段(ひときだ)が雷神(いかづちのかみ)に、一段が067:大山祗神に、一段が068:高龗に成る(5-7)
014:伊弉諾尊󠄁が軻遇突智を斬った時の血が滴った五百箇磐石より・043:磐裂神・044:根裂神・045:磐筒男命・046:磐筒女命・039:經津主神が成る(5-7)
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時五段(いつきだ)に分かれ、首(かしら)より大山祗(066:大山祗神)が、身中(むくろ)より068:中山祗が、手より069:麓山祗が、腰より070:正勝山祗が、足より071:䨄山祗が成る(5-8)
別称
火產靈
ほむすひ
(5-3)
028
埴山姫
はにやまひめ
意味
土を司る女神。ハニは土器や染色に使う粘土。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-2)
015:伊弉冉尊󠄁の大便(くそ)より成る(5-4)
027:軻遇突智の妻で030:稚產靈の親(5-2)
別称
埴山媛󠄁
はにやまひめ
(5-4)
029
罔象女
みつはのめ
意味
水を司る神。ミツは水を指したらしい。ハは未詳。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-2)
015:伊弉冉尊󠄁の小便(ゆまり)より成る(5-4)
030
稚產靈
わくむすひ
意味
ワクは若の意、或いは食物を表すウカ(食)の転化したものか。ムスヒは霊妙な生産力。焼畑を起源とする農場の神。
系譜
027:軻遇突智と028:埴山姫の子(5-2)
一書三
火產靈
ほむすひ
意味
ムスヒは霊妙な生産力の意。火によって色々なもの(土器など)を生まれることからの神名
出自
027:軻遇突智の別称。
一書四 031
金山彥
かなやまひこ
意味
鉱物を司る神
系譜
015:伊弉冉尊󠄁の吐(たぐり)より成る(5-4)
埴山媛󠄁
はにやまひめ
出自
028:埴山姫の別称。
一書六 032
級長戶邊命
しなとべのみこと
意味
シナトベは息長つ女(シナツメ)の意。風と息を司る女神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-6)
別称
級長津彥命
しなつひこのみこと
(5-6)
級長津彥命
しなつひこのみこと
意味
息長つ彥、つまり男神だが一対となるはずの女神である032:級長戶邊命の別称として記載されている。
出自
032:級長戶邊命の別称。
033
倉稻魂命
うかのみたまのみこと
意味
ウカは食物の意。「倉」なのは「食」と誤ったものが後世に伝わったためか、稲の納屋のことか。穀霊神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-6)
034
少童命
わたつみのみこと
意味
ワタは海。朝鮮語で海を意味するパタと関係があると思われる。ツは助詞、ミは精や神のこと。海の精霊たる神。「少童」の字を当てているのは海神、水神を子供が姿をしているとする伝承のためか。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-6)
035
山祗
やまつみ
意味
山を司る神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-6)
036
速秋津日命
はやあきつひのみこと
意味
ハヤは敬称、アキは開きの意。ツは喉(のど)の古語「飲み門(ノミト)」は瀬戸のトと同じくものが通過する狭くなっている場所。つまりアキツで港の意。文中に「水門(みなそ)の神」と説明されている。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-6)
037
埴安神
はにやすのかみ
意味
土を司る神。028:埴山姫と同神とも考えられるが、古事記で埴山姫に当たる波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)と対になっている波邇夜須毘古神に当たる、つまり埴山姫と対となる男神か。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-6)
038
啼澤女命
なきさわめのみこと
意味
水を司る神。サワは多いことを示す。つまり沢山涙を流す神の意。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁と015:伊弉冉尊󠄁の子(5-6)
039
經津主神
ふつぬしのかみ
意味
フツは物が切れる音、あるいは光るものの意か。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時の血が滴った五百箇磐石(いほついわむら)から生まれる(5-65-7)
045:磐筒男命と046:磐筒女命の子(9-0)
040
甕速日神
みかはやひのかみ
意味
ミカはミイカの略でミは御、イカは厳の意。ヒは霊力を示す。神々しく厳しく速い霊力の神の意。雷と刀剣を司る神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の鐔(つみは=鍔)から滴った血より成る(5-6)
042:武甕槌神の親(5-6)
128:稜威雄走神の子(9-0)
041:熯速日神の親(9-0)
別称
甕速日命
みかはやひのみこと
(5-6)
041
熯速日神
ひはやひのかみ
意味
熯は乾くこと。乾かすのが速い霊力の神の意。火と熱の神
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の鐔(つみは=鍔)から滴った血より成る(5-6)
026:素戔鳴が自らの頚(みくび)の五百箇御統(いほつのみすまる)を含み、左の足に吐いて成す(6-3)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの右の五百箇御統之瓊(いほつのみすまるのたま)を噛んで右の掌(たなごころ)に置いて成る(7-3)
040:甕速日神の子(9-0)
042:武甕槌神の親(9-0)
042
武甕槌神
たけみかつちのかみ
意味
猛々しい雷の神の意。
系譜
040:甕速日神の子、或いは014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の鐔(つみは=鍔)から滴った血より成る(5-6)
041:熯速日神の子(9-0)
甕速日命
みかはやひのみこと
出自
040:甕速日神の別称。
熯速日命
ひはやひのみこと
出自
041:熯速日神の別称。
043
磐裂神
いはさくのかみ
意味
磐を割く雷の神の意。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の鋒(さき=剣先)から滴った血より成る(5-6)
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時の血が滴った五百箇磐石より成る(5-7)
044:根裂神とともに045:磐筒男命・046:磐筒女命の親(9-0)
044
根裂神
いはさくのかみ
意味
木の根を割く雷の神の意。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の鋒(さき=剣先)から滴った血より成る(5-6)
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時の血が滴った五百箇磐石より成る(5-7)
043:磐裂神とともに045:磐筒男命・046:磐筒女命の親(9-0)
045
磐筒男命
いはつつをのみこと
意味
ツは粒(ツブ)の古語。つまり雷に打たれた岩が粒と化すこと。男神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の鋒(さき=剣先)から滴った血より成る(5-6)
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時の血が滴った五百箇磐石より成る(5-7)
043:磐裂神と044:根裂神の子(9-0)
046:磐筒女命とともに039:經津主神の親(9-0)
別称
磐筒男神
いはつつをのかみ
(5-7)
046
磐筒女命
いはつつめのみこと
意味
ツツは粒(ツブ)の古語。つまり雷に打たれた岩が粒と化すこと。女神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の鋒(さき=剣先)から滴った血より成る(5-6)
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時の血が滴った五百箇磐石より成る(5-7)
043:磐裂神と044:根裂神の子(9-0)
045:磐筒男命とともに039:經津主神の親(9-0)
別称
磐筒女神
いはつつめのかみ
(5-7)
047
闇龗
くらおかみ
意味
クラは谷、オカミは水神の意。つまり水を司る谷間の龍神のこと。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の頭(たかみ=柄)から滴った血より成る(5-6)
048
闇山祗
くらやまつみ
意味
クラは谷、ヤマツミは山を司る神の意。谷間に住む山神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の頭(たかみ=柄)から滴った血より成る(5-6)
049
闇罔象
くらみつは
意味
クラは谷、ミツは水を指したらしい。ハは未詳。谷間に住む水神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が027:軻遇突智を斬った時に剣の頭(たかみ=柄)から滴った血より成る(5-6)
050
泉津醜女
よもつしこめ
意味
黄泉の国の醜い女の意。
別称
泉津日狹女
よもつひさめ
(5-6)
泉津日狹女
よもつひさめ
意味
ヨモツは「黄泉の国の」の意。ヒサメは不詳。
出自
050:泉津醜女の別称
052
岐神
ふなとのかみ
意味
フナトは元々「来名戸(クナド)」が原型。その道を入ってくるな、の意。分岐点(三叉路)に立てられる道祖神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁の投げた杖(みつゑ)より成る(5-6)
053
長道磐神
ながちはのかみ
意味
長い道を司る岩の神の意か。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁の投げた帯(みおび)より成る(5-6)
054
煩神
わづらひのかみ
意味
ワヅラヒとは事がうまくいかない事。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁の投げた衣(みそ)より成る(5-6)
055
開囓神
あきくひのかみ
意味
アキクヒは口を開けて食う、の意か。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁の投げた褌(はかま)より成る(5-6)
056
道敷神
ちしきのかみ
意味
チは道、シキは一面に力を及ぼすこと。道の神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁の投げた履(くつ)より成る(5-6)
056
泉門塞之大神
よみどにふたがりますおほみかみ
意味
泉津平坂(よもつひらさか)にある黄泉と現世とを隔てる「千人所引磐石(ちびきのいは)」の神名。冥界の穢れが現世に湧き出るのを防ぐ神。
別称
道返神
ちがえしのかみ
(5-6)
泉守道者
よもつちもりびと
(5-10)
道返神
ちがえしのかみ
意味
チガエシは引き返らせること。死神を冥界に返す神
出自
056:泉門塞之大神の別称
057
八十枉津日神
やそまがつひのかみ
意味
八十は数が多いこと、マガは穢れ、ツは助詞、ヒは霊力。数多くの穢れの霊力を持つ神。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が中瀬(なかつせ)で身を洗った時に成る(5-6)
058
神直日神
かむなほひのかみ
意味
カムは美称。ナホは枉り(まがり=穢れ)を直すの意
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が中瀬(なかつせ)で身を洗った時に成る(5-6)
059
大直日神
おほなほひのかみ
意味
大は美称。ナホは枉り(まがり=穢れ)を直すの意
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が中瀬(なかつせ)で身を洗った時に成る(5-6)
060
底津少童命
そこつわたつみのみこと
意味
海底を司る海の神の意
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が海底(うみのそこ)で身を洗った時に成る(5-6)
061
底筒男命
そこつつをのみこと
意味
ツツは粒、この場合星粒のことか。海底を司り、航海の指標となる星の神
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が海底(うみのそこ)で身を洗った時に成る(5-6)
014:伊弉諾尊󠄁が体を濯いだ時に成る(5-10)
別称
底土命
そこつつのみこと
(5-10)
062
中津少童命
なかつわたつみのみこと
意味
海中を司る海の神の意
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が潮中(しおのなか)で身を洗った時に成る(5-6)
063
中筒男命
なかつつをのみこと
意味
ツツは粒、この場合星粒のことか。海中を司り、航海の指標となる星の神
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が潮中(しおのなか)で身を洗った時に成る(5-6)
014:伊弉諾尊󠄁が体を濯いだ時に成る(5-10)
別称
赤土命
あかつつのみこと
(5-10)
064
表津少童命
なかつわたつみのみこと
意味
海上を司る海の神の意
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が潮上(しおのうへ)で身を洗った時に成る(5-6)
065
表筒男命
なかつつをのみこと
意味
ツツは粒、この場合星粒のことか。海上を司り、航海の指標となる星の神
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が潮上(しおのうへ)で身を洗った時に成る(5-6)
014:伊弉諾尊󠄁が体を濯いだ時に成る(5-10)
別称
磐土命
いはつつのみこと
(5-10)
一書七 066
大山祗神
おほやまつみのかみ
意味
大は美称。山を司る神。
系譜
027:軻遇突智が014:伊弉諾尊󠄁に剣で三段(みきだ)に斬られたうちの一段(ひときだ)より成る(5-7)
027:軻遇突智が014:伊弉諾尊󠄁に剣で五段(いつきだ)に斬られたうちの首(かしら)より成る(5-6)
132:鹿葦津姫の親(9-09-2)
144:磐長姫の親(9-2)
別称
大山祗
おほやまつみ
(5-8)
067
高龗
たかおかみ
意味
オカミは水神のこと
系譜
027:軻遇突智が014:伊弉諾尊󠄁に剣で三段(みきだ)に斬られたうちの一段(ひときだ)より成る(5-7)
磐筒男神
いはつつをのかみ
出自
045:磐筒男命の別称
磐筒女神
いはつつねめのかみ
出自
046:磐筒女命の別称
一書八
大山祗
おほやまつみ
意味
頭部なので大山を当てた。
出自
066:大山祗神の別称
068
中山祗
なかやまつみ
意味
胴体は体の真ん中にあるので中山を当てた。
系譜
027:軻遇突智が014:伊弉諾尊󠄁に剣で五段(いつきだ)に斬られたうちの身中(むくろ)より成る(5-8)
069
麓山祗
はやまつみ
意味
麓は端のこと。手は体の端にあるので麓山(端山)を当てた。
系譜
027:軻遇突智が014:伊弉諾尊󠄁に剣で五段(いつきだ)に斬られたうちの手より成る(5-8)
070
正勝山祗
まさかやまつみ
意味
マサカは真坂の意。腰は斜めに細くなっているので正勝(真坂)を当てた。
系譜
027:軻遇突智が014:伊弉諾尊󠄁に剣で五段(いつきだ)に斬られたうちの腰より成る(5-8)
071
䨄山祗
しぎやまつみ
意味
シギは鳥の鷸(しぎ)のこと。その長い脚からの連想か。
系譜
027:軻遇突智が014:伊弉諾尊󠄁に剣で五段(いつきだ)に斬られたうちの足より成る(5-8)
一書九 072
大雷
おほいかづち
系譜
腐りただれた015:伊弉冉尊󠄁の首(かしら)の上にいた(5-9)
073
火雷
ほのいかづち
系譜
腐りただれた015:伊弉冉尊󠄁の胸の上にいた(5-9)
074
土雷
つちいかづち
系譜
腐りただれた015:伊弉冉尊󠄁の腹の上にいた(5-9)
075
稚雷
わかいかづち
系譜
腐りただれた015:伊弉冉尊󠄁の背(そびら)の上にいた(5-9)
076
黑雷
くろいかづち
系譜
腐りただれた015:伊弉冉尊󠄁の尻(かくれ)の上にいた(5-9)
077
山雷
やまつち
系譜
腐りただれた015:伊弉冉尊󠄁の手の上にいた(5-9)
078
野雷
のつち
系譜
腐りただれた015:伊弉冉尊󠄁の足の上にいた(5-9)
079
裂雷
さくいかづち
系譜
腐りただれた015:伊弉冉尊󠄁の陰(ほと)の上にいた(5-9)
一書十 080
速玉之男
はやたまのを
意味
速は美称。玉は唾が玉のように丸く光るところから。
014:伊弉諾尊󠄁が015:伊弉冉尊󠄁との関係をたつことを宣言し唾した時に生まれた、誓約の神
系譜
014:伊弉諾尊󠄁の唾より成る(5-10)
081
泉津事解之男
よもつことさかのを
意味
コトサカは関係を断つこと。
014:伊弉諾尊󠄁が015:伊弉冉尊󠄁との関係をたつことを宣言し唾した時に生まれた、誓約の神
系譜
014:伊弉諾尊󠄁の唾より成る(5-10)
泉守道者
よもつちもりびと
意味
黄泉の入り口を守る人の意。明記されてはいないが056:泉門塞之大神と同神であろう
出自
056:泉門塞之大神の別称
082
菊理媛神
くくりひめのかみ
意味
話を聞き助言をする神のようだが語義などは不詳。
014:伊弉諾尊󠄁が015:伊弉冉尊󠄁との関係をたつことを宣言し唾した時に生まれた、誓約の神
磐土命
いはつつのみこと
出自
065:表筒男命の別称
083
大綾津日神
おほあやつひのかみ
意味
アヤは枉(マガ)の変異か。古事記における大禍津日神に当たると考えられる。
系譜
014:伊弉諾尊󠄁が体を濯いだ時に成る(5-10)
底土命
そこつつのみこと
出自
061:底筒男命の別称
赤土命
あかつつのみこと
出自
063:中筒男命の別称
一書十一 084
保食神
うけもちのかみ
意味
ウケはウカ(食料)の転。食料と養蚕を司る神。
第六段 於是 素戔嗚尊󠄁 請日(ここにすさおのみこと まうしてまうさく)
本書 085
田心姫
たこりひめ
意味
コリは霧(キリ)の転訛か。
系譜
024:大日孁貴が026:素戔鳴尊󠄁の十握剣(とつかのつるぎ)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-0)
024:大日孁貴が自分の八握剣(やつかのつるぎ)を食べて成る(6-16-3)
024:大日孁貴が026:素戔鳴尊󠄁の八坂瓊之曲玉(やさかにのまがたま)の瓊中(たまのなか)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-2)
別称
田心姫命
たこりひめのみこと
(6-2)
田霧姫命
たきりひめのみこと
(6-3)
086
湍津姫
たぎつひめ
意味
タギツとは水が激しく流れる様
系譜
024:大日孁貴が026:素戔鳴尊󠄁の十握剣(とつかのつるぎ)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-0)
024:大日孁貴が自分の九握剣(ここのつかのつるぎ)を食べて成る(6-16-3)
024:大日孁貴が026:素戔鳴尊󠄁の八坂瓊之曲玉(やさかにのまがたま)の瓊尾(たまのお)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-2)
別称
湍津姫命
たぎつひめのみこと
(6-26-3)
087
市杵嶋姫
いつきしまひめ
意味
現厳島神社は元は伊都伎島(イツキシマ)神社といい、この一神のみを祀っていたと考えられる
系譜
024:大日孁貴が026:素戔鳴尊󠄁の十握剣(とつかのつるぎ)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-0)
024:大日孁貴が自分の十握剣(とつかのつるぎ)を食べて成る(6-16-3)
024:大日孁貴が026:素戔鳴尊󠄁の八坂瓊之曲玉(やさかにのまがたま)の瓊端(たまのはし)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-2)
別称
瀛津嶋姫
おきつしまひめ
(6-1)
市杵嶋姫命
いつきしまひめのみこと
(6-26-3)
瀛津嶋姫命
おきつしまひめのみこと
(6-3)
088
正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁
まさかあかつかちはやひあまのおしほみみのみこと
意味
マサカアカツは正に今(哉)我(吾)は勝つの意。カチハヤヒのハヤは美称、ヒは霊威、つまり勝つ素晴らしい霊威の意。アマノは天孫系の神であることを示す。オシは威力があるものの意。ホは稲穂、或いは突出して優れていること、ミミはミ(祗=精霊、神)を重ねた語か。総じてオシホミミは威力ある稲穂を司る神霊の意
系譜
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-0)
026:素戔鳴尊󠄁が自分の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を食べて成る(6-1)
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の剣の末(すゑ)を噛み砕いた吹いた息吹から成る(6-2)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの左の髻(もとどり)の五百箇御統(いほつのみすまる)を含み、左手に吐いて成す(6-3)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの左の髻(もとどり)の五百箇御統之瓊(いほつのみすまるのたま)の端を噛んで左の掌(たなごころ)に置いて成る(7-3)
120:𣑥幡千千姫 の夫(9-09-19-2)
120:𣑥幡千千姫とともに121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の親(9-09-19-2)
150:玉依姫命とともに151:天之杵火火置瀬尊󠄁の親(9-7)
152:丹舃姫とともに121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の親(9-7)
別称
正哉吾勝勝速日天忍󠄁骨尊󠄁
まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみこと
(6-1)
勝速日天忍󠄁穂耳尊󠄁
かちはやひあまのおしほみみのみこと
(6-3)
正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗根尊󠄁
まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみこと
(7-3)
天忍󠄁穗根尊󠄁
あまのおしほねのみこと
(9-5)
天忍󠄁骨命
あまのおしほねのみこと
天大耳尊󠄁
あめのおほしみみのみこと
(9-7)
089
天穗日命
あまのほひのみこと
意味
穂は稲穂、ヒは霊(ヒ=神霊)の意
系譜
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-0)
026:素戔鳴尊󠄁が自分の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を食べて成る(6-1)
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の剣の末(すゑ)を噛み砕いた吹いた息吹から成る(6-2)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの右の髻(もとどり)の五百箇御統(いほつのみすまる)を含み、右手に吐いて成す(6-3)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの右の五百箇御統之瓊(いほつのみすまるのたま)を噛んで右の掌(たなごころ)に置いて成る(7-3)
122:大背飯三熊之大人の親(9-0)
090
天津彥根命
あまつひこねのみこと
意味
ヒコは日子、つまり太陽の子ないし太陽神の子の意。天に坐す太陽の子の神の意
系譜
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-0)
026:素戔鳴尊󠄁が自分の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を食べて成る(6-1)
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の剣の末(すゑ)を噛み砕いた吹いた息吹から成る(6-2)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの頚(みくび)の五百箇御統(いほつのみすまる)を含み、左の臂(ただむき)に吐いて成す(6-3)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの右の五百箇御統之瓊(いほつのみすまるのたま)を噛んで右の掌(たなごころ)に置いて成る(7-3)
091
活津彥根命
いくつひこねのみこと
意味
イクは生、生命力に富んでいること。ヒコは日子、つまり太陽の子ないし太陽神の子の意。生き生きとした太陽の子の神の意
系譜
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-0)
026:素戔鳴尊󠄁が自分の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を食べて成る(6-1)
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の剣の末(すゑ)を噛み砕いた吹いた息吹から成る(6-2)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの頚(みくび)の五百箇御統(いほつのみすまる)を含み、右の臂(ただむき)に吐いて成す(6-3)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの右の五百箇御統之瓊(いほつのみすまるのたま)を噛んで右の掌(たなごころ)に置いて成る(7-3)
別称
活目津彥根命
いくめつひこねのみこと
(7-3)
092
熊野櫲樟日命
くまのくすびのみこと
意味
熊野は出雲国の地名、クスビは奇し霊(クシヒ=神秘的な霊威)の転訛か。
系譜
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を噛み砕き吹いた霧から成る(6-0)
026:素戔鳴尊󠄁が自分の八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいおつのみすまる)を食べて成る(6-1)
026:素戔鳴尊󠄁が024:大日孁貴の剣の末(すゑ)を噛み砕いた吹いた息吹から成る(6-2)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの頚(みくび)の五百箇御統(いほつのみすまる)を含み、右の足に吐いて成す(6-3)
026:素戔鳴尊󠄁が自らの右の五百箇御統之瓊(いほつのみすまるのたま)を噛んで右の掌(たなごころ)に置いて成る(7-3)
別称
熊野忍󠄁蹈命
くまののおしほみのみこと
(6-16-3)
熊野忍󠄁隈命
くまののおしくまのみこと
(6-3)
熊野大角命
くまののおほくまのみこと
(7-3)
一書一
瀛津嶋姫
おきつしまひめ
出自
087:市杵嶋姫の別称
正哉吾勝勝速日天忍󠄁骨尊󠄁
まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみこと
出自
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁の別称
熊野忍󠄁蹈命
くまののおしほみのみこと
出自
092:熊野櫲樟日命の別称
一書二 093
羽明玉
はかるたま
意味
ハカルは重さは難しさを推し量るの意。曲玉(まがたま)を造る神。
系譜
026:素戔鳴尊󠄁が天に昇ろうとした時に生まれた神(6-2)
014:伊弉諾尊󠄁の子(7-3)
別称
天明玉
あまのあかるたま
(6-17-3)
市杵嶋姫命
いつきしまひめのみこと
出自
087:市杵嶋姫の別称
田心姫命
たこりひめのみこと
出自
085:田心姫の別称
湍津姫命
たぎつひめのみこと
出自
086:湍津姫の別称
一書三
瀛津嶋姫命
おきつしまひめのみこと
出自
087:市杵嶋姫の別称
田霧姫命
たきりひめのみこと
出自
085:田心姫の別称
勝速日天忍󠄁穂耳尊󠄁
かちはやひあまのおしほみみのみこと
出自
088:正哉吾勝勝速日天穗耳尊󠄁の別称
熯之速日命
ひのはやひのみこと
出自
041:熯速日神の別称
熊野忍󠄁隈命
くまのおしくまのみこと
出自
092:熊野櫲樟日命の別称
第七段 是後 素戔嗚尊󠄁之爲行也 甚無状(こののちに すさおのみことのしわざ はなはだあずきなし)
本書 094
思兼󠄁神
おもいかねのかみ
意味
多くの人の思うことを一人で兼ねて思う、の意。
系譜
006:高皇產靈尊󠄁の子(7-1)
120:𣑥幡千千姫の兄(9-1)
095
手力雄神
たちからをのかみ
意味
腕力のある男神の意
別称
天手力雄神
あまのたちからをのかみ
(7-3)
096
天兒屋根命
あまのこやねのみこと
意味
祝詞と言葉を司る神
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の天降りに随伴した五部神(いつともをのかみたち)の一柱(9-1)
系譜
103:興台產靈の子(7-3)
別称
天兒屋命
あまのこやねのみこと
(7-3)
097
太玉命
ふとたまのみこと
意味
祭祀に用いる曲玉や管玉の玉を司る神
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の天降りに随伴した五部神(いつともをのかみたち)の一柱(9-1)
別称
太玉
ふとたま
(7-2)
098
天鈿女命
あまのうずめのみこと
意味
鈿はかんざしのこと。神を祀る巫女の神格化、踊りの神
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の天降りに随伴した五部神(いつともをのかみたち)の一柱(9-1)
別称
天鈿女
あめのうずめ
(7-3)
一書一 099
稚日女尊󠄁
わかひるめのみこと
意味
稚は若。おそらく024:大日孁貴の「大ヒルメ」に対する「若ヒルメ」。
高皇產靈
たかみむすひ
出自
006:高皇產靈尊󠄁の別称
100
石凝姥
いしこりどめ
意味
天香山(あまのかぐやま)の金を採って日矛(ひほこ)を作ったという(VII-1)。コリは木こりのコリと同じでものを打って削り取ること。石を削り取った鋳型で鋳造する老女の意か。或いは元々石器の神か。
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の天降りに随伴した五部神(いつともをのかみたち)の一柱(9-1)
系譜
102:天糠戸者の子(7-3)
別称
石凝戶邊
いしこりとべ
(7-3)
石凝姥命
いしこりどめのみこと
(9-1)
101
日前神
ひのくまのかみ
意味
紀伊国(和歌山県)の神。語義不詳
一書二 102
天糠戸者
あまのあらとのかみ
意味
アラは粗、トは砥、つまり刃物類の荒砥ぎに使うきめが粗い石、粗砥(あらと)を司る神。
系譜
100:石凝姥の親(7-3)
別称
天抜戸
あめのぬかと
(7-3)
太玉
ふとたま
出自
097:太玉命の別称
一書三 103
興台產靈
こごとむすひ
意味
語義不詳
系譜
096:天兒屋根命の親(7-3)
天兒屋命
あまのこやねのみこと
出自
096:天兒屋根命の別称
天抜戸
あめのぬかと
意味
糠をヌカとも呼んだことによる転訛。
出自
102:天糠戸者の別称
石凝戶邊
いしこりとべ
出自
100:石凝姥の別称
天明玉
あまのあかるたま
出自
093:羽明玉の別称
104
天日鷲
あまのひわし
意味
木綿(ゆう=榊に垂らす糸)を司る神。語義未詳
別称
天日鷲神
あまのひわしのかみ
(9-2)
天手力雄神
あまのたちからをのかみ
出自
095:手力雄神の別称
天鈿女
あめのうずめ
出自
098:天鈿女命の別称
正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗根尊󠄁
まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみこと
出自
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁の別称
活目津彥根命
いくめつひこねのみこと
出自
091:活津彥根命の別称
熊野大角命
くまののおおくまのみこと
出自
092:熊野櫲樟日命の別称
第八段 是時 素戔鳴尊󠄁 自天而降到於出雲國簸之川上(このときに すさのをのみこと あめよりいずものくにのひのかはかみにいたります)
本書 105
脚摩󠄁乳
あしなづち
意味
少女の足を撫でる神の意
系譜
106:手摩󠄁乳とともに107:奇稻田姫の親(8-0)
026:素戔鳴尊󠄁より106:手摩󠄁乳とともに稻田宮主神(いなだみやぬしのかみ)の名を賜う(8-0)
別称
稻田宮主簀狹之八箇耳
いなだのみやぬしすさのやつみみ
(8-1)
脚摩󠄁手摩󠄁
あしなづてなづ
(8-2)
106
手摩󠄁乳
てなづち
意味
少女の手を撫でる神の意
系譜
105:足摩󠄁乳とともに107:奇稻田姫の親(8-0)
026:素戔鳴尊󠄁より105:足摩󠄁乳とともに稻田宮主神(いなだみやぬしのかみ)の名を賜う(8-0)
別称
稻田宮主簀狹之八箇耳
いなだのみやぬしすさのやつみみ
(8-2)
107
奇稻田姫
くしいなだひめ
意味
奇は霊妙な様。神田を司る女神の意
系譜
105:脚摩󠄁乳と106:手摩󠄁乳の子(8-0)
026:素戔鳴尊󠄁の妻(8-0)
026:素戔鳴尊󠄁とともに109:大己貴神の親(8-0)
026:素戔鳴尊󠄁とともに110:淸之湯山主三名狹漏彥八嶋篠の親(8-1)
別称
稻田媛
いなだひめ
(8-1)
眞髮觸奇稻媛
まかみふるくしいなだひめ
(8-2)
108
八岐大蛇
やまたのをろち
意味
八岐は頭と尾が八本ずつあることを示す。ヲは峰、ロは助詞、チは精霊の意。蛇が水の精霊と考えられていたことが分かる
武素戔鳴尊󠄁
たけすさのをのみこと
出自
026:素戔鳴尊󠄁の別称
109
大己貴神
おほあなむちのかみ
意味
ナはアルタイ語系で土地を意味する。大きな国土の主の神、ないし土地の主の神の意。アナを穴と見て洞窟を司る神などと見る説もある。
系譜
026:素戔鳴尊󠄁と107:奇稻田姫の子(8-0)
110:淸之湯山主三名狹漏彥八嶋篠の五世の子(つまり026:素戔鳴尊󠄁と107:奇稻田姫の六世の子)(8-1)
026:素戔鳴と107:奇稻田姫の六世の子(8-2)
125:下照姫の親(9-0)
117:事代神の親(9-0)
139:三穗津姫の夫(9-2)
別称
大國主神
おほくにぬしのかみ
(8-1)
大物主神
おほものぬしのかみ
葦原醜男
あしはらしこを
八千戈神
やちほこのかみ
大國玉神
おほくにたまのかみ
顯國玉神
うつしくにたまのかみ
(8-6)
一書一
稻田宮主簀狹之八箇耳
いなだのみやぬしすさのやつみみ
意味
簀狹は出雲の地名須佐(すさ)。八はこの説話に多用されている。
出自
105:脚摩󠄁乳の別称
稻田媛
いなだひめ
出自
107:奇稻田姫の別称
110
淸之湯山主三名狹漏彥八嶋篠
すがのゆやまぬしみなさるひこやしましの
意味
スガは須賀、湯山は須賀にある地名。ミナを御名と考えれば、全てが名前ではなく、「須賀の湯山の主の御名を狹漏彥八嶋篠と名づく」の意か。
系譜
026:素戔鳴尊󠄁と107:奇稻田姫の子(8-1)
109:大己貴神の五世の親(8-1)
別称
淸之繫名坂輕彥八嶋手命
すがのゆひなさかかるひこやしまでのみこと
(8-1)
淸之繫名坂輕彥八嶋手命
すがのゆひなさかかるひこやしまでのみこと
出自
110:淸之湯山主三名狹漏彥八嶋篠の別称
大國主神
おほくにぬしのかみ
意味
大きな国土の主の神の意
出自
109:大己貴神の別称
一書二
脚摩󠄁手摩󠄁
あしなづてなづ
出自
105:脚摩󠄁の別称
稻田宮主簀狹之八箇耳
いなだのみやぬしすさのやつみみ
意味
簀狹は出雲の地名須佐(すさ)。八はこの説話に多用されている。
出自
105:手摩󠄁乳の別称
眞髮觸奇稻媛
まかみふるくしいなだひめ
意味
眞髮觸はクシ(櫛)に対する修飾。髪に触れるの意
出自
107:奇稻田姫の別称
一書四 111
五十猛神
いたけるのかみ
意味
イは斎、忌の意か。植林の神。紀伊国に坐すという
系譜
026:素戔鳴尊󠄁の子(8-48-5)
別称
淸之繫名坂輕彥八嶋手命
すがのゆひなさかかるひこやしまでのみこと
(8-1)
112
天之葺根神
あまのふきねのかみ
意味
恐らく古事記に見える天之冬衣神(あめのふゆきぬのかみ)と同神。語義未詳。
系譜
026:素戔鳴尊󠄁の五世の子(8-4)
一書五 113
大屋津姫命
おほやつひめのみこと
意味
大きな家屋の女神の意。木によって家を建てることを司ると見られる
系譜
026:素戔鳴尊󠄁の子(8-5)
114
柧津姫命
つまつひめのみこと
意味
ツマは角、端の意。つまり木によって妻屋(夫婦の寝室)を建てることを司ると見られる
系譜
026:素戔鳴尊󠄁の子(8-5)
一書六
大物主神
おほものぬしのかみ
意味
元々は大三輪の祭神「美和之大物主神(みわのおおものぬしのかみ)」のことで大己貴神とは別の神だったと考えられる
出自
109:大己貴神の別称
葦原醜男
あしはらのしこを
意味
葦原は日本国土を指す。シコは頑丈で強いこと
出自
109:大己貴神の別称
八千戈神
やちほこのかみ
意味
八千は数の多い様を示す。戈が多いことで強い神の意
出自
109:大己貴神の別称
大國玉神
おほくにたまのかみ
意味
国玉は国の御魂の意
出自
109:大己貴神の別称
顯國玉神
うつしくにたまのかみ
意味
ウツシは現しの意。現実の国土(現し国)の神霊たる神の意
出自
109:大己貴神の別称
115
少彥名命
すくなびこなのみこと
意味
スクナヒコは若い男の意。ナはアルタイ語系で土地を意味する。109:大己貴神に対する小さな土地、ないし国土の神の意
系譜
006:高皇產靈尊󠄁の子(8-6)
116
姫蹈鞴五十鈴姫命
ひめたたらいすずひめのみこと
意味
ヒメ(語頭)は元は女陰(ホト)を忌んだ結果か、タタラとは「立たれ」の古い名詞形つまり「矢を立てられ」、イスズは「イススキキ(ぶるぶる震えた)」の転訛か。総じて「女陰を矢で射抜かれブルブルと震えた姫神」
系譜
大三輪の神、あるいは117:事代主神と118:三嶋溝樴姫の子(8-6)
神日本磐余彥火火出見天皇の妻(8-6)
117
事代主神
ことしろぬしのかみ
意味
神懸(かみがかり)をして託宣を伝える神。コトは「事」であるとともに「言」、シロは「領(し)る」つまり自分の物とする、領すること
系譜
118:三嶋溝樴姫の夫(8-6)
118:三嶋溝樴姫とともに116:姫蹈鞴五十鈴姫命の親(8-6)
109:大己貴神の子(9-0)
118
三嶋溝樴姫
みしまのみぞくひひめ
意味
三嶋は摂津国の群名、ミゾは水の流れ、クヒは杙つまり地面に立てる棒ないし木の切り株。水をせきとめる神か
系譜
117:事代主神の妻(8-6)
117:事代主神とともに116:姫蹈鞴五十鈴姫命の親(8-6)
別称
玉櫛姫
たまくしひめ
(8-6)
玉櫛姫
たまくしひめ
意味
タマクシは玉串つまり神の依代(よりしろ)となる小枝
出自
118:三嶋溝樴姫の別称
119
神日本磐余彥火火出見天皇
かむやまといはれびこほほでみのすめらみこと
意味
神武天皇
系譜
116:姫蹈鞴五十鈴姫命の夫(8-6)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第四子(XI-0,XI-1,XI-2)(11-011-111-2)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第三子(XI-3)(11-3)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第二子(XI-4)(11-4)
別称
神日本磐余彥尊󠄁
かむやまといはれびこのみこと
(11-0)
狹野尊󠄁
さののみこと
(11-1)
磐余彥尊󠄁
いはれびこのみこと
神日本磐余彥火火出見尊󠄁
かむやまといはれびこほほでみのみこと
(11-2)

日本書紀 巻第二 神代
全神名表(登場順)

第九段 天照大神之子正哉吾勝勝速日天忍󠄁穂耳尊󠄁・・・(あまてらすおほみかみのみこまさかあかつかちはやひのあまのおしほみみのみこと・・・)
本書 120
𣑥幡千千姫
たくはたちぢひめ
意味
𣑥は楮(こうぞ)の白い繊維、ハタは機織の道具のこと、チヂは数多いこと。布を数多く織る女神の意。
系譜
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁の妻(9-09-19-29-7)
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁とともに121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の親(9-09-19-2)
094:思兼󠄁神の妹(9-1)
006:高皇產靈尊󠄁の子(9-6)
148:火之戶幡姫の子(9-6)
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁とともに135:火明命と121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の親(9-6)
150:玉依姫命の親(9-7)
007:神皇產靈尊󠄁の子(9-7)
別称
萬幡豐秋津媛命
よろずはたとよあきつひめのみこと
(9-1)
萬幡姫
よろずはたひめ
(9-29-7)
𣑥幡千千姫萬幡姫命
たくはたちぢひめよろずはたひめ
千千姫命
ちぢひめのみこと
(9-6)
天萬𣑥幡千幡姫
あまよろずたくはたちはたひめ
𣑥幡千幡姫
たくはたちはたひめ
(9-7)
121
天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁
あまつひこひこほのににぎのみこと
意味
ヒコは立派な男子の意、ホは稲穂、ニニギはニギニギの意で、ニギとは賑やかの意。稲穂の賑々しい実りをあらわす神。
系譜
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁と120:𣑥幡千千姫の子(9-0)
132:鹿葦津姫の夫(9-0)
132:鹿葦津姫とともに三子を生む。始めに133:火闌降命、次に134:彥火火出見尊󠄁、次に135:火明命(9-0)
132:鹿葦津姫とともに火酢芹命(133:火闌降命)・135:火明命、134:彥火火出見尊󠄁の親(9-2)
132:鹿葦津姫とともに135:火明命・火進命(133:火闌降命)・火折彥火火出見尊󠄁(134:彥火火出見尊󠄁)の親(9-3)
132:鹿葦津姫とともに135:火明命・火進命(133:火闌降命)・145:火折尊󠄁・134:彥火火出見尊󠄁の親(9-5)
132:鹿葦津姫とともに火酢芹命(133:火闌降命)と145:火折尊󠄁の親(9-6)
(天津彥根火瓊瓊杵根尊󠄁として)千千姫命(120:𣑥幡千千姫)と天忍󠄁穗根尊󠄁(088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁)の第二子(9-6)
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁と152:丹舃の子(9-7)
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁と120:𣑥幡千千姫の第二子(9-8)
別称
天津彥國光彥火瓊瓊杵尊󠄁
あまつひこくにてるひこほのににぎのみこと
(9-4)
天津彥根火瓊瓊杵根尊󠄁
あまつひこねほのににぎねのみこと
天國饒石彥火瓊瓊杵尊󠄁
あめくににぎしほのににぎのみこと
(9-6)
火瓊瓊杵尊󠄁
ほのににぎのみこと
(9-7)
天饒石國饒石天津彥火瓊瓊杵尊󠄁
あめにぎしくににぎしあまつひこほのににぎのみこと
(9-8)
122
大背飯三熊之大人
おほそびみくまのうし
意味
オホソビは鳥の名前、ミは御、クマは神奠、つまり神に捧げる米のこと。
系譜
089:天穗日命の子(9-0)
別称
武三熊之大人
たけみくまのうし
(9-0)
武三熊之大人
たけみくまのうし
出自
122:大背飯三熊之大人の別称
123
天國玉
あまつくにたま
意味
天の国(高天原)の御魂の意
系譜
124:天稚彥の親(9-0)
124
天稚彥
あめわかひこ
意味
若く立派な男の意
系譜
123:天國玉の子(9-0)
125
下照姫
したでるひめ
意味
シタは赤色。赤く美しく照る神
系譜
109:大己貴神の子(9-0)
別称
高姫
たかひめ
稚國玉
わかくにたま
(9-0)
高姫
たかひめ
出自
125:下照姫の別称
稚國玉
わかくにたま
出自
125:下照姫の別称
126
天探女
あまのさぐめ
意味
サグメは差し出がましい者、おしゃべり好きの意か、あるいは情を探る力を持つ女、心のひねくれた女の意か
127
味耜高彥根神
あぢすきたかひこねのかみ
意味
アヂは美称、スキは鋤、タカヒコは高く上る太陽の子、ネは美称
128
稜威雄走神
いつをはしりのかみ
意味
イツは厳、霊威の盛んなこと、ヲハシリは刀剣の鍛造時に生ずる閃光ないし雷光が走ること
系譜
040:甕速日神の親(9-0)
129
香香背男
かかせを
意味
悪しき星の神。カカは「輝く」の意(昔はカカヤクと清音だった)、セヲは兄男の意か。ただ一人最後まで天津神の日本平定に反抗したが、130:建葉槌命の前に平伏した
別称
天津甕星
あまつみかほし
天香香背男
あまのかかせお
(9-1)
130
建葉槌命
たけはつちのみこと
意味
倭文(しとり)の神。倭文とは古来の文様を使った織物。従って織物と文様の神
131
事勝國勝長狹
ことかつくにかつながさ
意味
事に勝り、国に勝る者の意。長狹のサは神稲のことか
系譜
014:伊弉諾尊󠄁の子(9-4)
別称
事勝國勝神
ことかつくにかつかみ
鹽土老翁
しほつつのをぢ
(9-4)
鹽筒老翁
しほつつのをぢ
(10-4)
132
鹿葦津姫
かしつひめ
意味
カシは加志(九州南部と推定される地名)、ツは助詞か
系譜
066:大山祗神の子(9-09-2)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の妻(9-09-2)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁とともに三子を生む。始めに133:火闌降命、次に134:彥火火出見尊󠄁、次に135:火明命(9-0)
144:磐長姫の妹(9-2)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁とともに火酢芹命(133:火闌降命)、135:火明命、134:彥火火出見尊󠄁の親(9-2)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁とともに135:火明命、火進命(133:火闌降命)、火折彥火火出見尊󠄁(134:彥火火出見尊󠄁)の親(9-3)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁とともに135:火明命、火進命(133:火闌降命)、145:火折尊󠄁、134:彥火火出見尊󠄁の親(9-5)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁とともに火酢芹命(133:火闌降命)と145:火折尊󠄁の親(9-6)
151:天之杵火火置瀬尊󠄁とともに135:火明命、火夜織命(145:火折尊󠄁)、134:彥火火出見尊󠄁の親(9-7)
151:天之杵火火置瀬尊󠄁とともに135:火明命、火夜織命(145:火折尊󠄁)、134:彥火火出見尊󠄁の親(9-7)
別称
神吾田津姫
かむあたつひめ
木花之開耶姫
このはなのさくやびめ
(9-0)
神吾田鹿葦津姫
かむあたかしつひめ
木花開耶姫
このはなのさくやびめ
(9-29-6)
吾田鹿葦津姫
あたかしつひめ
(9-5)
豐吾田津姫
とよあたつひめ
(9-6)
吾田津姫
あたつひめ
(9-7)
木花開耶姫命
このはなさくやひめのみこと
(9-8)
神吾田津姫
かむあたつひめ
意味
カムは美称、アタは「阿多(薩摩国)」
出自
132:鹿葦津姫の別称
木花之開耶姫
このはなのさくやびめ
意味
サクヤは「咲く」+「や(感動の助詞)」
出自
132:鹿葦津姫の別称
133
火闌降命
ほのすそりのみこと
意味
ホは火であるとともに「穂」、闌は「たけ-る」、「たけなわ」とも訓み盛んに行われる様子。またスソリは進む様子。総じて火が盛んに燃える様子ないし穂が成長する様。
系譜
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第一子(9-0)
(火酢芹命として)121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第一子(9-29-6)
(火進命または火酢芹命として)121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第二子(9-3)
(火進命として)121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第二子(9-5)
別称
火酢芹命
ほのすせりのみこと
(9-2)
火進命
ほのすすみのみこと
(9-3)
海幸彥
うみのさちびこ
(10-3)
134
彥火火出見尊󠄁
ひこほほでみのみこと
意味
ヒコは立派な男子、火火おそらく「炎」が分解されたもので炎が出る様子、なおかつ穂が出る様子
系譜
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第二子(9-0)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第三子(9-2)
※またの名を145:火折尊󠄁とする(9-2)
(火折彥火火出見尊󠄁として)121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第三子(9-3)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第四子(9-5)
145:火折尊󠄁の別称とされる(9-6)
151:天之杵火火置瀬尊󠄁と132:鹿葦津姫の第三子(9-7)
155:豐玉姫の夫(10-0)
155:豐玉姫とともに彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁の親(10-0)
別称
火折彥火火出見尊󠄁
ほのをりひこほほでみのみこと
(9-3)
山幸彥
やまのさちびこ
(10-3)
135
火明命
ほのあかりのみこと
意味
火が明るくなる様子、また穂が色づく様子を表した名か
系譜
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第三子(9-0)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第二子(9-2)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第一子(9-39-5)
(天火明命として)千千姫命(120:𣑥幡千千姫)と天忍󠄁穗根尊󠄁(088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁)の第一子(9-6)
149:天香山の親(9-6)
151:天之杵火火置瀬尊󠄁と132:鹿葦津姫の第一子(9-7)
(天照國照彥火明命として)088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁と120:𣑥幡千千姫の子(9-8)
別称
天火明命
あまのほあかりのみこと
(9-6)
天照國照彥火明命
あまてるくにてるひこほのあかりのみこと
(9-8)
一書一
萬幡豐秋津媛命
よろづはたとよあきつひめのみこと
意味
沢山の幡(織物)と豊かな秋(収穫)を表す神名
出自
120:𣑥幡千千姫の別称
石凝姥命
いしこりどめのみこと
出自
100:石凝姥の別称
136
玉屋命
たまのやのみこと
意味
タマノヤは「玉祖(タマノオヤ)」の約。玉作りの神
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の天降りに随伴した五部神(いつともをのかみたち)の一柱(9-1)
137
猨田彥大神
さるたひこのおほかみ
意味
衢(ちまた=三叉路)に立つ道案内の神。サルタはルを助詞とみれば「神稲(サ)の田」の意味か
一書二
天津甕星
あまつみかほし
意味
ミカはミイカの略でミは御、イカは厳の意
出自
129:香香背男の別称
天香香背男
あまのかかせお
出自
129:香香背男の別称
138
齋大人
いわひのうし
意味
齋主神(いわひのかみ)に名づけられた名前。戦争に際して神を斎い祭る神。
139
三穗津姫
みほつひめ
意味
ミは神あるいは御(美称)、ホは稲穂、ツは助詞。稲穂を司る女神。
系譜
006:高皇產靈尊󠄁の子(9-2)
109:大己貴神の妻(9-2)
140
手置帆負神
たおきほおひのかみ
意味
名義不詳。笠を作る神。
141
彥狹知神
ひこさちのかみ
意味
ヒコは優れた男子、サチは不詳。盾を作る神。
142
天目一箇神
あめまひとつのかみ
意味
目が一つだけの神の意。作金者(かなだくみ)、つまり鍛冶の神。鍛冶は片目で火を見つづけるため、片目が萎えたり失明することがままあった。
天日鷲神
あめのひわしのかみ
出自
104:天日鷲の別称
143
櫛明玉神
くしあかるたまのかみ
意味
玉を作る神。093:羽明玉(天明玉)と同一神か。
萬幡姫
よろずはたひめ
出自
120:𣑥幡千千姫の別称
神吾田鹿葦津姫
かむあたかしつひめ
出自
132:鹿葦津姫の別称
木花開耶姫
このはなのさくやびめ
出自
132:鹿葦津姫の別称
144
磐長姫
いはながひめ
意味
石がその形を長く保つこと、ひいては長久な寿命を表す女神
系譜
066:大山祗神の子で132:鹿葦津姫の姉(9-2)
火酢芹命
ほのすせりのみこと
出自
133:火闌降命の別称
145
火折尊󠄁
ほのをりのみこと
意味
火の勢いが折れて弱まること。或いは稲の穂がたわわになり垂れることを表した神名
系譜
(134:彥火火出見尊󠄁として)121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第三子(9-2)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第三子(9-5)
134:彥火火出見尊󠄁の別称とされる(9-2)
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第二子(9-6)
134:彥火火出見尊󠄁を別称とする(9-6)
(火夜織命として)121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁と132:鹿葦津姫の第二子(9-7)
別称
火夜織命
ほのよりのみこと
(9-7)
一書三
火進命
ほのすすみのみこと
出自
133:火闌降命の別称
火折彥火火出見尊󠄁
ほのおりひこほほでみのみこと
出自
134:彥火火出見尊󠄁の別称
一書四
天津彥國光彥火瓊瓊杵尊󠄁
あまつひこくにてるひこほのににぎのみこと
出自
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の別称
146
天忍󠄁日命
あめのおしひのみこと
意味
オシは力を持って制圧すること、ヒは霊威(ムスヒのヒ)か
147
天槵津大來目
あめくしつのおほくめ
意味
クシツは「奇し(霊妙である)稜威(神聖で強い力)」か
事勝國勝神
ことかつくにかつかみ
出自
131:事勝國勝長狹の別称
鹽土老翁
しほつつのをぢ
意味
(特に航海の)先導や道案内をする神。訓を「シホツチノヲヂ」ともする。シホは潮、ツツであれば筒(火花や星粒のこと)、ツチであれば助詞「ツ(津)」+「チ(霊)」。つまり潮流の霊威を持つ神、あるいは潮と星の神。
出自
131:事勝國勝長狹の別称
一書五
吾田鹿葦津姫
あたかしつひめ
出自
132:鹿葦津姫の別称
一書六
天忍󠄁穗根尊󠄁
あまのおしほねのみこと
出自
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁の別称
𣑥幡千千姫萬幡姫命
たくはたちぢひめよろずはたひめのみこと
意味
「𣑥幡千千姫"兒(のこ)"萬幡姫命」が脱落したとみる説あり
出自
120:𣑥幡千千姫の別称
148
火之戶幡姫
ほのとはたひめ
意味
原文には「火之戶幡姫兒千千姫命」とあり、「ほのとはたひめこちぢひめのみこと」と読み一柱とする説もある。また戶は「万」を誤写したものとする説もある
系譜
006:高皇產靈尊󠄁の子(9-6)
千千姫命
ちぢひめのみこと
意味
原文には「火之戶幡姫兒千千姫命」とあり、「ほのとはたひめこちぢひめのみこと」と読み一柱とする説もある
出自
120:𣑥幡千千姫の別称
天火明命
あまのほあかりのみこと
出自
135:火明命の別称
149
天香山
あまのかぐやま
系譜
天火明命(135:火明命)の子(9-6)
天津彥根火瓊瓊杵根尊󠄁
あまつひこねほのににぎねのみこと
出自
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の別称
天國饒石彥火瓊瓊杵尊󠄁
あめくににぎしほのににぎのみこと
出自
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の別称
豐吾田津姫
とよあたつひめ
出自
132:鹿葦津姫の別称
一書七
天萬𣑥幡千幡姫
あまよろずたくはたちはたひめ
出自
120:𣑥幡千千姫の別称
150
玉依姫命
たまよりびめのみこと
系譜
120:𣑥幡千千姫の子(9-7)
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁とともに151:天之杵火火置瀬尊󠄁の親(9-7)
天忍󠄁骨命
あまのおしほねのみこと
出自
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁の別称
151
天之杵火火置瀬尊󠄁
あまのぎほほおきせのみこと
意味
ノギは饒(ニギ)、オキは奥、セはシ(神稲の意)の転か
系譜
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁と150:玉依姫命の子(9-7)
132:鹿葦津姫とともに135:火明命・火夜織命(145:火折尊󠄁)・134:彥火火出見尊󠄁の親(9-7)
別称
天杵瀬命
あまのきせのみこと
(9-7)
天大耳尊󠄁
あまのおほしみみのみこと
出自
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁の別称
火瓊瓊杵尊󠄁
ほのににぎのみこと
出自
121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の別称
152
丹舃姫
にくつひめ
系譜
088:正哉吾勝勝速日天忍󠄁穗耳尊󠄁とともに121:天津彥彥火瓊瓊杵尊󠄁の親(9-7)
𣑥幡千幡姫
たくはたちはたひめ
出自
120:𣑥幡千千姫の別称
天杵瀬命
あまのきせのみこと
出自
151:天之杵火火置瀬尊󠄁の別称
吾田津姫
あたつひめ
出自
132:鹿葦津姫の別称
火夜織命
ほのよりのみこと
出自
145:火折尊󠄁の別称
一書八
天照國照彥火明命
あまてるくにてるひこほのあかりのみこと
出自
135:火明命の別称
天饒石國饒石天津彥火瓊瓊杵尊󠄁
あめにぎしくににぎしあまつひこほのににぎのみこと
出自
121:天津彥火瓊瓊杵尊󠄁の別称
木花開耶姫命
このはなさくやひめのみこと
出自
132:鹿葦津姫の別称
ひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと
第十段 兄火闌降命 自有海幸(あにほのすそりみこと、おのずからにうみさちまします)
本書 154
海神
わたつみ
意味
海を主宰する神
系譜
155:豐玉姫、156:玉依姫の親(10-0)
別称
豐玉彥
とよたまびこ
(10-1)
155
豐玉姫
とよたまびめ
意味
豊かな生命力を表す女神
系譜
154:海神の子(10-0)
134:彥火火出見尊󠄁の妻(10-0)
156:玉依姫の姉(10-0)
134:彥火火出見尊󠄁とともに157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁の親(10-0)
別称
豐玉姫命
とよたまびめのみこと
(10-1)
156
玉依姫
たまよりびめ
意味
150:玉依姫命とは別神とおもわれる
系譜
154:海神の子(10-0)
155:豐玉姫の妹(10-0)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁の妻(11-0)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁とともに157:彥五瀬命・158:稻飯命・159:三毛入野命・119:神日本磐余彥火火出見天皇の親(11-011-1)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁とともに157:彥五瀬命・159:三毛入野命・158:稻飯命・119:神日本磐余彥火火出見天皇の親(11-2)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁とともに157:彥五瀬命・158:稻飯命・119:神日本磐余彥火火出見天皇・160:稚三毛野命の親(11-3)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁とともに157:彥五瀬命・119:神日本磐余彥火火出見天皇・158:稻飯命・159:三毛入野命の親(11-4)
157
彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁
意味
ヒコは立派な男子、ナギサは渚、タケは尊称、ウガヤは鵜(う)の萱(かや)の意。鵜の羽で屋根を葺いた産屋が葺き終わらないうちに生まれた子の意
系譜
134:彥火火出見尊󠄁と155:豐玉姫の子(10-0)
156:玉依姫の夫(11-0)
156:玉依姫とともに157:彥五瀬命・158:稻飯命・159:三毛入野命・119:神日本磐余彥火火出見天皇の親(11-011-1)
156:玉依姫とともに157:彥五瀬命・159:三毛入野命・158:稻飯命・119:神日本磐余彥火火出見天皇の親(11-2)
156:玉依姫とともに157:彥五瀬命・158:稻飯命・119:神日本磐余彥火火出見天皇・160:稚三毛野命の親(11-3)
156:玉依姫とともに157:彥五瀬命・119:神日本磐余彥火火出見天皇・158:稻飯命・159:三毛入野命の親(11-4)
一書一
豐玉彥
とよたまびこ
出自
154:海神の別称
一書三
海幸彥
うみのさちびこ
出自
133:火闌降命の別称
山幸彥
やまのさちびこ
出自
134:彥火火出見尊󠄁の別称
一書四
鹽筒老翁
しほつつのをぢ
出自
131:事勝國勝長狹の別称
豐玉姫命
とよたまびめのみこと
出自
155:豊玉姫の別称
第十一段 彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁 以其姨玉依姫爲妃(ひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと、そのをばたまよりひめをもってみめとしたまふ)
本書 157
彥五瀬命
ひこいつせのみこと
意味
ヒコは立派な男子の意。イツは齋(いつ)くのイツ、セは神稲の意か。
系譜
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第一子(11-011-111-211-311-4)
別称
五瀬命
いつせのみこと
(11-2)
158
稻飯命
いなひのみこと
意味
ナは稲穂、ヒは霊の意。つまり稲玉であり穀霊神
系譜
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第二子(11-011-111-3)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第三子(11-211-4)
別称
彥稻飯命
ひこいなひのみこと
(11-4)
159
三毛入野命
みけいりののみこと
意味
ミケは御食(みけ)の意か。イリノは不明
系譜
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第三子(11-011-1)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第二子(11-3)
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第四子(11-4)
神日本磐余彥尊󠄁
かむやまといはれびこのみこと
出自
119:神日本磐余彥火火出見天皇の別称
一書一
狹野尊󠄁
さののみこと
出自
119:神日本磐余彥火火出見天皇の別称
一書二
五瀬命
いつせのみこと
出自
157:彥五瀬命の別称
磐余彥尊󠄁
いはれびこのみこと
出自
119:神日本磐余彥火火出見天皇の別称
神日本磐余彥火火出見尊󠄁
かむやまといはれびこほほでみのみこと
出自
119:神日本磐余彥火火出見天皇の別称
一書三 160
稚三毛野命
わかみけののみこと
系譜
157:彥瀲武鹚鸕草葺不合尊󠄁と156:玉依姫の第四子(11-3)
一書四
彥稻飯命
ひこいなひのみこと
出自
158:稻飯命の別称