造化の三神

日本記紀神話において、また神道思想上で万物生成化育の根元神とする三神。世界の始まりにおいて現れた天之御中主神の中心とする三柱の神で、別天神の始めの三神にあたる。これらの神は多分に観念的な神で他の神ともほとんど関わらない。 《造化の三神》 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) 高御産巣日神(たかみむすひのかみ) 神産巣日神(かみむすひのかみ)

ページにリダイレクトします。