人面鴞

中国において大旱魃をもたらすとされる怪鳥の一つ。中国最古の地理書といわれる「山海経」に見える。この怪鳥が現れた地は必ず大旱魃に見舞われるとされる。全体的にはフクロウのような姿だが、人の頭と犬の尾、サルのような胴を持っているという。 山海経では他にも顒(Yao)、瞿如(Qú-rú)、竦斯(Sǒng-sī)、橐𩇯(Tuó-féi)、𪄀𪃑(Pán-mào)、鳧徯(Fú-xī)といった人面鳥が紹介されている。 人面鴞(じんめんきょう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。