持妙金剛菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「スヴァジュラダラ(Suvajradhara)」といい、「ス(Su-)」は「高潔な」、「優れた」、ヴァジュラダラは「金剛を擁する」といった意味があり、「持妙金剛菩薩(Suvajradhara)」と訳される。また「蘇縛日羅駄洛(そばじらだら)」と音写される。仏の内証を司る仏尊とされ、胎蔵界曼荼羅金剛手院の第三行(外側)第六位に配される。その像容は白肉色の身色で左手は忿怒三鈷杵を膝上で持ち右手は親指と人差し指の間に独鈷を立てて持ち赤蓮華に坐す。 持妙金剛菩薩(Suvajradhara) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅金剛手院における図像。

ページにリダイレクトします。