地慧童子

仏教において文殊菩薩(Mañjuśrī)の眷属とされる文殊八大童子、文殊五使者の一尊。サンスクリット名を「ヴァスマティー(Vasumatī)="大地"の意」といい、単に「地慧」と呼ばれるほか「地恵幢童子(ちえどうどうじ)」、「財慧童子(ざいえどうじ)」などの名でも呼ばれる。音写では「縛蘇摩底(ばそまてい)」と称し、また「文殊師利使者女(もんじゅしりししゃにょ)」と呼ぶこともある。文殊菩薩(Mañjuśrī)の富財の徳を司るとされ、胎蔵界曼荼羅では文殊院の南(右)第四位に配される。

ページにリダイレクトします。