遊戯観音

仏教において中国由来の変化観音(→観音菩薩(Avalokiteśvara))の一つであり、三十三観音の一尊。「ゆげかんのん」とも読む。遊戯自在であるためこの名で呼ばれる。法華経にある「山から落ちても観音の力を念じれば髪の毛一本たりとも損じない」という一説を論拠としている。飛雲上で雲に右手を添えて坐す姿で描かれる。

ページにリダイレクトします。