鱅鱅魚

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている怪魚。単に「鱅鱅(ようよう)」とも呼ばれる。東山の樕𧑤山に流れる食水に多く生息している。その姿は魚でありながら「犂牛(りぎゅう=まだらな牛)」のようであり、猪の子のような声で鳴くという。現在の中国で「鱅」と言えばコイ科のコクレン(黒鰱)のことを指す。 鱅鱅魚(ようようぎょ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。