雍和

中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及される、凶兆とされる獣の一つ。中山の豊山という山におり、赤い口、赤い目に黄色い体を持つ蝯(エン=さる)のような姿の獣だという。この獣が現れた国は騒ぎが起こるとされる。

ページにリダイレクトします。