薬師如来

仏教における東方浄瑠璃世界の教主。「薬師瑠璃光如来」、「薬師仏」、「薬師」ともよばれる。梵名を「バイシャジャグル(Bhaiṣajyaguru)」と称する。インドや中国ではあまり信仰されていなかったようで、像などもあまり遺されていないが、日本では飛鳥時代から現代にいたるまで広く信仰されている。十二の大願を発して、衆生の病苦などの苦患を救い、身体的欠陥を除き、さとりに至らせようと誓った仏とされる。古来より医薬の仏、病気平癒を願う仏として信仰された。その像は、左手に薬壺または宝珠を持ち、右手に施無畏(せむい)の印を結ぶのを通例とする。日光菩薩(Sūrya-prabha)、月光菩薩(Candra-prabhā)の二菩薩を脇士とし、十二神将を護法神とする。 藥師如来 1804 藤原行秀 写 「十王寫(じゅうおううつし)」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 十王図の第七幅に泰山王の本地として描かれたもの。

ページにリダイレクトします。