野狐

日本の九州地方でいう憑きものの一種。憑かれた状態は「野狐憑き」と呼ばれる。普通の狐とは異なり、鼠より大きいが猫より小さく、体色は白か黒であるとされる。目に見えないとされることもある。九州南部では家筋に憑き、家族より数が増えると飼っている牛馬に憑くこともあるという。憑き筋(憑いている家系)の者は野狐を操り邪魔者に憑かせ、半病人のようにさせるという。九州北部における野狐憑きは家筋と関係なく、病気のようになることをいう。また壱岐では「やこお」と呼び、火傷や疱瘡になった時に患部をこれに舐められた人は死んでしまうと伝わる。

ページにリダイレクトします。