ウェレ

ケニアのルオ人に信仰されている至高神。語義は「恵みの父」。数多くの名を持つ神で(下記参照)、人間の誕生と死の両方に関与し、自然を支配している。太陽や月もウェレ(Were)と考えられる。悪いことをした者に対しては雷を使って罰を与えるとされる。ウェレ(Were)に対する供犠は「ウェレ(Were)が認められる」大きな木の下で行われる。 《ウェレ(Were)の別名と語義》 名前 語義 ウォンワ(Wuonwa) 我々の父 ウォン・クウェレ(Wuon Kwere) 祖先達の父 ウォン・ジ(Wuon Ji) 全ての父 ジャ・ムリマ(Ja Mrima) 癇癪持ち ジャングウォノ(Jan'gwono) 親切な者 ジャヘラ(Jahera) 慈悲深い者 ニャカラガ(Nyakalaga) 古い者 ジャネン(Janen) 見る者 ウォン・オゲンディ(Wuon Ogendi) 全ての人々の父 ウォン・ロウォ(Wuon Lowo) 大地の主 ホノ(Hono) 奇跡を起こす者 ラテゴ(Ratego) 全能者 ジャルウェニー(Jalweny) 偉大な戦士 ポロ(Polo) 天空神 ピニー・クニャル(Piny K'nyal) 征服されざる者 ウォン・オル(Wuon Oru) 未来の主 ルオド・ルオディ(Ruodh Rouodhi) 諸王の王 ワン・チェン(Wang Chieng) 太陽の目

ページにリダイレクトします。