和豆良比能宇斯能神

日本記紀神話の神。古事記には「和豆良比能宇斯能神」、日本書紀には「煩神(わづらいのかみ)」の名で見える。黄泉の国から逃げ帰った伊邪那岐命が、身を清めようと禊をした時に化生した神の一人で、伊邪那岐命が投げ捨てた衣(きぬ=上着のこと)から生まれ出でたという。名前は「わずらいの主の神」の意で、上着を脱いで開放されたことを象徴しており、苦しみや病気を司る神と考えられる。

ページにリダイレクトします。