烏波計設尼童子

仏教において文殊菩薩(Mañjuśrī)の眷属とされる文殊八大童子、文殊五使者の一尊。サンスクリット名を「ウパケーシーニー(Upakeśīnī)」といい、「鄔波髻設尼(うぱけいしに)」、「烏波髻施儞(うぱけいせに)」、「烏婆計設尼(うばけいしに)」、「優波髻設尼(うぱけいしに)」などの名でも呼ばれる。また計設尼童子(Keśīnī)とともに「奉教使者(ぶぎょうししゃ)」と呼ばれることもある。文殊菩薩(Mañjuśrī)の能施の徳を司るとされ、胎蔵界曼荼羅では文殊院の南(右)第二位に配される。

ページにリダイレクトします。