馬鹿

日本の妖怪の一種。「ぬましか」あるいは「ばか」とも。熊本県八代市の松井家に伝わる「百鬼夜行絵巻」に描かれた妖怪の一種で、角の生えた一つ目の立ち上がった馬のような姿をしているが、どのような妖怪かは判然としない。 馬鹿(うましか) 北斎季親画 「化物尽絵巻(ばけものづくしえまき)」より 国際日本文化研究センター蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。