ウマイ

シベリアのチュルク族における地母神。「イマイ」とも呼ばれる。黄金の髪が60個の房に分かれており、その様が太陽光線のように見えるという。子供とお産の守護神であり、新生児を守り、夫婦が子宝を授かるのを促すとされる。起源的にはモンゴルの火の女王オト(Ot)と同じ女神だったと考えられている。

ページにリダイレクトします。