ウッコ

フィンランドの叙事詩「カレワラ」に登場する天の神。雷神でもある。空に散らばるあらゆる雲を統率し、晴れた日の白雲も、雨を降らす黒雲も思いのままに動かす。天そのものであるからしてその性格は天のように気まぐれであり、祈りを聞き届ける時も聞き届けない時もある。勇者に力を貸すときもあれば悪者に力を貸すときもある。だがいったん祈りを聞き届けるとその力は凄まじく、天に裂け目を作り氷、雹、あげくに鉄塊までも降らせることがある。 ウッコ(Ukko)はまた、「ユマラ(Jumala)」とも呼ばれるがこの二つの神格は元々別だったと考えられている。「カレワラ」に登場する英雄たちは、苦境に陥って神に願い事(特に物騒な願い事)をする時は神をウッコ(Ukko)と呼び、苦境を脱し幸せを得たことを神に感謝する時は、神をユマラと呼ぶことが多い。

ページにリダイレクトします。