ウハイタリ

ポリネシアの神話に登場する天界の女神。名には「雷」という意味がある。ウハイタリ(Whaitari)は人肉を食べ物としていた。あるとき、地上に「カイ・タンガタ(人を食うもの)」という名で呼ばれる男がいることを知り、気にいって結婚しようと考えたウハイタリ(Whaitari)は、人間界へ行き一人の奴隷を殺して新鮮な心臓をカイ・タンガタに贈った。すると男は烈火の如く怒った。なぜなら彼が「人食い」と呼ばれるのはその勇敢さを称えられたからであって、人肉を食うからではなかったからだ。ウハイタリ(Whaitari)はがっかりしたが、それでもその男と結婚し、数人の子供を産んだ。しかしその後もウハイタリ(Whaitari)は人間を食べること止めず、ついにはカイ・タンガタの親類まで食ってしまった。彼はそれを知らずに親類の骨で作った釣り針で魚を釣り、ウハイタリ(Whaitari)に食べさせた。すると天罰で彼女は盲目になってしまった。さすがにウハイタリ(Whaitari)は人間界にいるのが嫌になって天界に帰ってしまった。後にウハイタリ(Whaitari)の盲目は孫のタウハキによって癒されたという。

ページにリダイレクトします。