ウエチャーナ

峡谷サポテカにおける母神。「ウィチャーナ(Huichaana)」、「コチャーナ(Cochaana)」、「ノウィサナ(Nohuiçana)」、「ノウィチャナ(Nohuichana)」、「ピタオ・ウィチャーナ(Pitao Huichaana)」などの別名がある。またチチカパではウィチャナタオ(Huichanatao)に等しい。配偶神であるコサーナ(Cozaana)とともに子供と関わっている。狩猟や漁労とも関連しされ、猟師、漁師は仕事の成功を祈り女神に生贄を捧げた。またピチャントと同様にピチャナ・ゴベチェ(Pichana Gobeche)と人間との間を仲介する役目を負っていた。

ページにリダイレクトします。