うばりよん

日本の新潟県三条市地方に伝わる妖怪。名前は「負われたい」の方言から来ている。「ばりよん」、「おぼさりてい」とも呼ばれる。人が目の前を通ると背中に飛び乗って頭にかじりつくという。うばりよんにとり憑かれても頭を齧られないように、金鉢を頭にかぶれば害を防げるとされている。また、背負ったまま家まで帰ると金の入った瓶になっていたとする伝承もある。

ページにリダイレクトします。