乳母娘娘

中国道教において、産後の母体を守ってくれるという女神。「奶々娘娘(ないないにゃんにゃん)」とも呼ばれる。産後の母体の健康や母乳の出を保証してくれる。願いが聞き届けられて母乳が出るようになったときは、乳房に似た白い円錐形の饅頭を礼として供える習慣がある。道教では子を産む際に色々な娘娘神が幼児や母体の健康を護ってくれるが、乳母娘娘(Rǔ-mǔ niáng-niáng)もこういった娘娘神の一人である。 《乳母娘娘(Rǔ-mǔ niáng-niáng)各柱の名前と護る災厄》 名前 護る災厄 乳母娘娘(Rǔ-mǔ niáng-niáng) 母体の健康を護る 眼光娘娘(Yăn-guāng niáng-niáng) 幼児を眼病から護る 催生娘娘(Cuī-shēng niáng-niáng) 出産に関する障害を取り除く(難産など) 子孫娘娘(Zǐ-sūn niáng-niáng) 子宝を授ける 送子娘娘(Sòng-zǐ niáng-niáng) 胎児の安全を護る 痘疹娘娘(Doú-zhěn niáng-niáng) 幼児を天然痘(疱瘡)から護る 瘢疹娘娘(Bān-zhĕn niáng-niáng) 幼児を腫れ物や吹き出物などの皮膚病から護る

ページにリダイレクトします。