姥火

日本の河内国(現東大阪)の牧岡神社に出現したという怪火。「姥が火」とも書く。「河内鑑名所記」に見える。神社の灯油を毎晩盗んでいた老婆が死して火と化したものだという。一尺(約30cm)程の火の玉で、近くの村まで飛び回っていたという。また鶏に似た鳥の姿に見えたとする記述も残っている。また丹波(現京都北部)に出現したという話もありこちらは「古今百物語評判」に記されている。 姥が火(うばがび) 李冠光賢画 「怪物画本(かいぶつえほん)」より 国際日本文化研究センター蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。