チャーナミード

アメリカの北東部にすむネイティブアメリカンで、アルゴンキン語族に属するピクォート族に伝わる巨人。とてつもない食いしん坊であり、絶えず狩りと食事を繰り返していた。狩りの途中で見つけた若い美女を無理やり妻にして自分の小屋に閉じ込めたが、狩りと食事ばかりしていたため、その間に妻が排泄物と貝殻と絵具で作った何体もの魔法の人形に騙され、妻を逃がしてしまった。妻はカヌーに乗って逃げ、チャーナミード(Chahnameed)もそれを追いかけたが、妻は髪の毛を魔法で槍に変えチャーナミード(Chahnameed)に突き刺した。水中で倒れたチャーナミード(Chahnameed)は二度と起き上がらなかった。

ページにリダイレクトします。