懌悦持金剛菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「スラタヴァジュラダラ(Suratavajradhara)」といい、スラタは「性交」、ヴァジュラダラは「金剛を擁する」といった意味があり、「懌悦持金剛菩薩(Suratavajradhara)」、「適悦持金剛菩薩(てきえつじこんごうぼさつ)」と訳される。また「蘇羅都縛日羅駄洛(そらとばじらだら)」と音写される。自受法楽(自らの悟りの内容を楽しむこと)を司る仏尊とされ、胎蔵界曼荼羅金剛手院の第三行(外側)第三位に配される。その像容は浅黄色の身色で左手は金剛拳を結び臍下に置き、右手は手の上に立てた独鈷杵を乗せ胸の前に置き赤蓮華に坐す。 懌悅持金剛菩薩 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅金剛手院における図像。

ページにリダイレクトします。