都久豆美命

「出雲国風土記」に登場する神。「都久津美神(つくつみのかみ)」とも呼ばれる。風土記中の地名由来譚において登場し、島根郡の千酌(現在の島根県松江市美保関町)は伊邪那岐命の御子神の一人である都久豆美命が生まれた場所なので「都久豆美(つくつみ)」と呼ばれ、これが訛り「千酌(ちくみ)」と呼ぶようになったという。名義は不詳であるが、「月津霊(つくつみ)」とすれば月の神、「月津水(つくつみ)」とすれば月ごとの水、つまり潮汐の神と考えられる。島根県松江市美保関町にある「爾佐神社(にさじんじゃ)」に祀られる。

ページにリダイレクトします。