津布良比古命

伊勢皇大神宮内宮の末社で三重県度会郡玉城町にある津布良神社(つぶらじんじゃ)に津布良比売命とともに祀られる神。両神ともに大水上神の子神とされる。神名および社名は社地の地名である「積良(つむろ)」に関連したもので、墳墓を意味する「土群(つむら)」を語源とすると考えられ、内宮の祠官を世襲する荒木田氏が山宮祭と呼ばれる祖先を祀る神事をこの神社の近くの積良谷で行っていたことから、両神は荒木田氏の祖神であると考えられる。

ページにリダイレクトします。