当扈

中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及されている、奇妙な姿の鳥。西山の上申山という山に棲んでおり、全体的には雉に似ているが、髯(ぜん=喉ないし口あたりの毛のこと)を使って飛ぶのだという。この鳥を食べるとめまいを覚えなくなるとされる。 當扈(とうこ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。