としどん

日本の鹿児島県に出現するとされる妖怪。漢字では「年殿」と書く。長い鼻をもった白髪の老人の姿で、毎年大晦日の晩になるとどこからか首のない馬に乗って現れ、家々を回っていくという。としどんの「とし」とは「歳」を意味するらしく、としどんがやってくることで人々は皆一つだけ年をとるのだという。また、聞き分けのない子供は必ず探し出して懲らしめ、去っていくときには歳餅と呼ばれる餅を置いていくとされる。

ページにリダイレクトします。