トレルケフエクヴェ

チリのマプチェ族の伝承に登場する水棲の怪物。大きく平らに広がった白い斑点のある茶色の皮に、目がついているいう奇妙な姿で、縁にはぐるりと鉤爪が並んでいるとされる。水辺にいる人間を巨大な渦巻きで巻き込み、自分のからだで覆って食べてしまう。水棲といっても水の中でしか生きられないわけではなく、陸に上がって自分の体を広げ日向ぼっこをすることもあるという。トレルケフエクヴェ(Trelquehuecuve)は湖底の洞窟に住むインブンチェ(Imbunche, Invunche)の手下でもあり、巣を出ないインブンチェ(Imbunche, Invunche)の代わりに彼の獲物を調達してくる。

ページにリダイレクトします。