智幢菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊で賢劫十六大菩薩の一。サンスクリット名を「ジュニャーナ・ケートゥ(Jñāna-ketu)」といい、ジュニャーナは「知識」、ケートゥは「旗」などと訳せることから「智幢菩薩(Jñāna-ketu)」と称する。また音写では「枳孃曩計都(きなのうけいと)」と呼ぶ。大智の幢幡を立てて戯論を破る徳を持つので智幢菩薩(Jñāna-ketu)と称するとされる。金剛界曼荼羅の檀外の南方(左側)の4尊のうち西(上)から一番目に配される。

ページにリダイレクトします。