チブチャクン

コロンビア中部高地に住むチブチャ族における労働者と商人の守護神。冶金職人達にとっては重要な神だった。しかし、チブチャ族の神話においては文化英雄ボチカ(Bochica)を困らせるために月の女神チエ(Chie)の助けを借りて洪水で人間を滅ぼそうとした神として描かれている。ボチカ(Bochica)の仕返しを恐れたチブチャクン(Chibchacum)は地下に逃げ、その日から世界を自らの肩に背負って支えるという重責を負わされることになった。

ページにリダイレクトします。