ティラウ・アティウス

北米平原に住むネイティブアメリカン、ポーニー族における至高神であり、天と地の創造者。「アティウス」は神の意。単に「ティラウ」と呼ぶときもある。また、「ティラワハット(Tirawahat, Tirawahut)」とも称される。ネイティブアメリカンでは創造神という存在(概念)は非常に珍しく、ティラウ・アティウス(Tirawa Atius)はそういう意味で典型にはまらない稀有な存在だといえる。他の神に太陽(シャクラ(Shakura))や月(パー(Pah))などの役目を割り振り、それに応じた力を与え、軌道を定めた。妻は地球であるアティラ(Atira)。

ページにリダイレクトします。