ティグレ・カピアンゴ

アルゼンチンの民話や伝説に登場するジャガー人間。昼は普通に人間として生活しているが、夜になるとジャガーと化して隣人や家畜を喰らう。この伝承を利用して追い剥ぎがティグレ・カピアンゴ(Tigre capiango)の扮装して相手を怖がらせて目的を成し遂げたり、相手を畏怖す目的で兵士にティグレ・カピアンゴ(Tigre capiango)の扮装をさせたりしたこともあった。

ページにリダイレクトします。