鉄鼠

日本において頼豪という天台宗の僧が恨みのあまり化したという鼠の妖怪。頼豪は白河天皇により皇子が誕生を祈って祈祷するように命じられた。その祈祷の効験か皇子は無事に誕生したが、白河天皇は約束していた恩賞(園城寺に戒壇の造立すること)を頼豪に与えなかった(当時、園城寺と延暦寺は対立しており、戒壇の造立などは延暦寺を刺激することになると白河天皇が考えたため)。頼豪はこのことを激しく怨んで断食をもって抗議したが、遂に飢えて死んでしまった。死んだ頼豪は鉄の牙を持った大鼠「鉄鼠」となり、無数の鼠と共に延暦寺を襲ったという。延暦寺は頼豪の怨念を鎮めるため頼豪を神として祀った。 らひごふ(らいごう) 李冠光賢画 「怪物画本(かいぶつえほん)」より 国際日本文化研究センター蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。