天竜八部

仏教において、仏法を守護するとされる八神の総称。インド古来の神々が仏教に取り入れられたもので、八体一組で釈迦の眷属とされる。「天竜八部衆(てんりゅうはちぶしゅう)」とも呼ばれる。また、単に「八部(はちぶ)」、「八部衆(はちぶしゅう)」とも呼ばれる。 《天竜八部》 天(Deva, Dēva)(てん) 龍(りゅう) 阿修羅(Asura)(あしゅら) 迦楼羅(Garuḍa)(かるら) 夜叉(Yakṣa)(やしゃ) 緊那羅(きんなら) 乾闥婆(Gandharva)(けんだつば) 摩睺羅伽(Mahoraga)(まごらか)

ページにリダイレクトします。