天鼓雷音如来

仏教における如来の一尊。「天鼓雷音仏(てんくらいおんぶつ)」、「鼓音如来(くおんにょらい)」、「鼓音仏(くおんぶつ)」とも。サンスクリット名である「ディヴィヤドゥンドゥビ メガニルゴーシャ(Divyadundubhimeghanirghoṣa)」は「天上の太鼓を雷鳴として轟かせる」といった意味。「提婆曇覩尾迷迦涅瞿沙(だいばどんとびめかねいぐしゃ)」などと音写する。胎蔵界五仏の一尊として北方に配され、金剛界五仏の不空成就如来(Amoghasiddhi)と同体とされる(→五智如来(Pañca Buddha, Dhyāni Buddha, Pañca kula-tathāgata))。 春雷が春になれば自然に雷鳴を轟かせるように、自らが解脱しながらも自然に衆生を悟りへと導く仏だという。像形は金の身色に袈裟を右肩だけ通し、右手は仰向けに開いて臍下に置くかあるいは衣を端を握り臍前に置き、左手を触地印とする。 天鼓雷音如来 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。