帝鴻

中国神話における怪神の一種。「帝江(ていこう/Dì-jiāng)」とも書く。紀元前に書かれた「山海経」という地理書にその記述が見られる。それによれば、西方にある英水という川が湯谷に注ぐ辺りに住んでいるという。その姿は黄色い袋のようで、炉の中の炎のような赤い光をまとい、6本の足と4つの翼を持っているという。また頭が無く、当然目も無いが、歌舞に詳しいとされる。いわば神獣のような存在のようだが、神鳥とされることもある。また渾沌(Hun-dun)の祖先だとされる。 帝江(ていこう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。