タラブ

テュアナのアポロニウス(Apollonius of Tyana)が著したとされる「ヌクテメロン(Nuctemeron)」中の「魔術的黄道十二宮に類似する十二の象徴的な時間」を支配する守護霊(Genius)、いわゆる「時間の鬼神(Spirits of Twelve Hours)」の一人。12時の霊の一人で強奪を司る。 12時の霊はタラブ(Tarab)を筆頭にミスラン(Misran)(迫害)、ラブス(Labus)(審問)、カラブ(Kalab)(聖なる器)、ハハブ(Hahab)(宮廷の食卓)、マルネス(Marnes)(霊の選別)、セレン(Sellen)(偉人の愛顧)と7人がいるがこれらは象徴するものによって関連があるように語られる。つまり強奪の失敗は迫害や審問につながるが、これは聖なる器を侵さない。聖なる器は「宮廷の食卓」、つまり理解しあう為の共餐のために作られるもので、霊の選別によって人々は「偉人の愛顧」から身を守る方法を知ると。

ページにリダイレクトします。