多羅菩薩

仏教における菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリットの「ターラー(Tārā)(Tārā)」を音写したもの。観音菩薩(Avalokiteśvara)の妃とされたことから「観世音母(かんぜおんも)」とも呼ばれる。また「救度仏母(くどぶつも)」、「多羅仏母(たらぶつも)」、「多利菩薩(たりぼさつ)」、「聖多羅菩薩(しょうたらぼさつ)」などの名でも呼ばれる。ターラー(Tārā)はアヴァローキテーシュヴァラ(Avalokiteshvara, Avalokiteśvara)と比べても劣らないほど信仰され、その信仰はチベットでも絶大なものであったが、日本においては伝来が遅くあまり一般化しなかった。「ターラー(Tārā)」は「眼精」を意味し、観音菩薩(Avalokiteśvara)の眼から発せられる大光明より生じた菩薩(Bodhisattva)とされ、衆生を彼岸に渡す「救度」の仏尊として信仰された。胎蔵界曼荼羅では観音院に配されるほか、三十三観音の一尊として「多羅観音(たらかんのん)」ないし「多羅尊観音(たらそんかんのん)」の名で列される。胎蔵界曼荼羅での像容は羯磨衣を着け合掌し蓮華座に坐す姿だが、異像も多い。 密号は「悲生金剛(ひしょうこんごう)」、「行願金剛(ぎょうがんこんごう)」、種字は「ता(tā)」、「त्र(tra)」、「तं(taṃ)」、「त्रं(traṃ)」、「त्रॐ(troṃ)」、印相は両手を内縛(内側へ組む)して人差し指と親指を立てるもの、真言は「南麼三曼多勃馱喃哆囇哆○抳羯嚕拏嗢婆吠莎訶(なもさんまんたぼだなんたらたりにきゃろとうんばべいそわか)(○は口偏に履ないし屨)」、三昧耶形は青蓮華。 多羅観音 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 多羅菩薩 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 多羅菩薩(Tārā) 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅蓮華部院における図像。

ページにリダイレクトします。