橐𩇯

中国古代の地理書「山海経」に記載されている人頭鳥。人面で一本足の梟に似た鳥で夏は隠れており冬に現われるという。羭次山という場所に住んでいるとされており、ここは現在の浙江省の龙王山だと思われる。この橐𩇯(Tuó-féi)を携帯すれば雷の難から逃れられるという。 山海経では他にも顒(Yao)、瞿如(Qú-rú)、竦斯(Sǒng-sī)、人面鴞(Rén-miàn-xiāo)、𪄀𪃑(Pán-mào)、鳧徯(Fú-xī)といった人面鳥が紹介されている。 橐𩇯(たくひ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。