建玉依比売命

「山城国風土記逸文」に登場する女神。「山城国風土記逸文」には単に「玉依日売(たまよりひめ)」と記載され、「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」や賀茂氏神系の神社で祀られる「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」、「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」といった神は豊玉毘売命の妹の玉依毘売命ではなくこの神を指す(参考→玉依毘売命)。ほかに「賀茂玉依比売命(かもたまよりひめのみこと)」、「鴨玉依姫神(かもたまよりひめのかみ)」といった名でも呼ばれる。 賀茂氏の祖神とされる賀茂建角身命と伊賀古夜日売との間に建玉依比古命とともに生まれた姫神とされる。「山城国風土記逸文」に拠れば、建玉依比売命が小川で遊んでいたとき、上流から丹塗り矢が流れてきたのでこれを持ち帰って寝室に置いておいたところ、身籠って男子(=賀茂別雷命)を生んだという。この男子が成人した時に宴の席で、祖父である賀茂建角身命が「お前の父と思う人にお酒を振る舞いなさい」と告げたところ、男子は屋根の瓦を突き破って天に昇っていったという。この丹塗り矢は乙訓郡(おとくにのこおり)の社に坐す「火雷神(ほのいかつちのかみ)」であったという。この神社は「延喜式神名帳」にも記載がある「乙訓坐火雷神社」と考えられている。 賀茂氏の祖として父神の賀茂建角身命とともに「賀茂御祖神(かもみおやのかみ)」として、京都市左京区にある式内社「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」、通称「下鴨神社(しもがもじんじゃ)」の主祭神とされるほか、「賀茂」、「鴨」、「加茂」などの名が付く全国の賀茂氏神系の神社で祀られる。

ページにリダイレクトします。