タバケア

ミクロネシアのギルバート諸島などにおける亀の姿をした創世神。原初くっついていた天と地が手をこすり合わせる洋に動き、そこから「初めの存在」であるタバケア(Tabakea)が生まれた。ついでさらに天地がこすれたことでアウリアリア(Auriaria)やリキ(Riki)といったタバケア(Tabakea)の兄弟も生まれた。アウリアリア(Auriaria)はタバケア(Tabakea)から棒を借りて天と地の間を少しだけ広げることに成功した。ついでリキ(Riki)がさらに天を持ち上げたが、力尽き死んでしまった。これを悲しんだタバケア(Tabakea)がリキ(Riki)のバラバラになった体を天に投げ上げると天の河ができた。

ページにリダイレクトします。