鰼鰼

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている怪魚。「鰼鰼魚(しゅうしゅうぎょ)」ともいう。北山の涿光山を流れる黄河の支流である嚻水に生息する。鵲(かささぎ)のような姿の魚であり、また翼が10あり、羽の先に鱗がついているという。この魚は鵲(かささぎ)のような声で鳴くとされ、防火に用いることができ、食べると黄疸にならないという。山海経には他に文鰩魚(Wényáo-yú)、蠃魚(Luǒ-yú)、鯥(Lù)といった翼を持った魚が紹介されている。 鰼鰼(しゅうしゅう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。