出世螺

日本の妖怪の一種。竹原春泉画の「絵本百物語」に紹介されているもの。山に潜り棲む巨大な法螺貝のことで、山に三千年、里に三千年、海に三千年過ごしたのち龍になるという。この話は中国で龍の幼体とされる蛟龍に起原を発すると思われる。出世螺は十分成長すると土中から現れ移動するが、この時の穴が残ることを「螺抜け(ほらぬけ)」という。「東京近郊名所図会」はこの螺抜けによって道灌山北側の崖が一部崩壊したと記録している。

ページにリダイレクトします。