祝融

中国神話に登場する火の神。「山海経」などに言及される。天の四方のうち南方を、四季のうち夏を司る神とされ、人面獣身で二頭の竜の背に乗り天と地を分離したという。ある伝承では水神共工(Kungkung)とどちらが強いかを決めるために力比べをし、見事に共工(Kungkung)を打ち負かしている。これを恥じた共工(Kungkung)が山に頭を打ち付けて自殺しようとしたところ、ひどい洪水が起きたという。

ページにリダイレクトします。