中国の伝承に登場する怪鳥。古代の地理書「山海経」によれば、南山の柜山という場所に棲んでいる鳶(とび)のような姿の鳥で、人の手のような足を持ち。「鴸(Zhū)」と(つまり自分の名で)鳴く。この鳥が現われると追放される人が増えるという。これは今でいうフクロウの一種だったと思われる。 鴸(しゅ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。